2018年5月11日号

京都・伏見観光で立ち寄りたい!初夏のお酒スイーツめぐり

日本有数の酒処である伏見で、お酒を使ったスイーツを見つけました♪
普段日本酒にあまり馴染みのない方にもぜひおすすめしたい、とっておきのお酒スイーツをご紹介します。
併せて、立ち寄りのカフェ&バーもチェックしましょう!

<京都・伏見>
酒粕の甘味が香る「京菓子司 富英堂(とみえいどう)」の蒸したて酒まんじゅう

まずは、1895(明治28)年から続く老舗の和菓子屋さん「京菓子司 富英堂」へ。お目当ては伏見の酒粕を使った「酒まんじゅう」です。

京菓子司 富英堂
魚屋通にあるお店。献上銘菓「えがお」のかわいらしいロゴマークが目印です。

京菓子司 富英堂 酒まんじゅう1個140円
名物の「酒まんじゅう」は、伏見の酒粕を練り込んだ生地でこしあんを包んだ蒸しまんじゅう。酒粕の甘さがほんのり香る、上品な味わいです。タイミングがあえばできたてを購入できます。冷めてもおいしい酒まんじゅうですが、できたてのふかふか生地は一度は味わっておきたいおいしさです。

<京都・伏見>
「酒蔵Bar えん」で味わう藤岡酒造の日本酒とお酒スイーツ

こちらは造り酒屋の「藤岡酒造」が販売所内で営む「酒蔵Bar えん」。隣接の酒蔵から漂うお酒の香りに包まれながら、手作りされた純米酒を味わえます。

酒蔵Bar えん
藤岡酒造の銘柄「蒼空(そうくう)」のボトルがディスプレイされた店内。販売スペースの奥がバーになっています。

酒蔵Bar えん 自家製酒粕アイスクリーム540円
こちらのバーで味わえるのが、酒粕入りのアイスクリーム。酒粕と牛乳、生クリームでシンプルに作られたアイスは、シャリっとした食感がさわやか。酒粕はほんのり香る程度なので、お酒が苦手な人にも味わいを楽しんでいただけます。

酒蔵Bar えん
こちらでは自慢の「蒼空」も味わえるほか、お酒がすすむアテも用意されています。平日限定で登場する飲み比べセットもおすすめです。

<京都・伏見>
本格宇治抹茶と伏見の吟醸酒が一緒になった「茶寮 油長(あぶらちょう)」のロールケーキ

伏見大手筋商店街にある「茶寮 油長」は、宇治茶と茶道具を扱う「油長茶舗」に併設するお茶処です。抹茶や煎茶と一緒に、パフェやぜんざいなど種類豊富な抹茶スイーツをいただけます。

茶寮 油長
日本茶アドバイザーの資格を持つスタッフが抹茶をたててくれます。観光客で賑わう商店街の中でも、のんびり過ごせる落ち着いた空間。

茶寮 油長 龍馬セット650円。抹茶ロールケーキと抹茶をセットで
数ある甘味の中でもおすすめは、宇治抹茶たっぷりの生地で伏見の大吟醸入り生クリームを巻いた抹茶ロールケーキ。宇治抹茶と伏見の吟醸酒が一度に味わえる、ぜいたくな逸品です。

<京都・伏見>
「おこぶ 北淸」でだし料理と日本酒のおいしさを再発見!

お酒スイーツを楽しんだあとは、日本酒が飲みたくなりますよね? そんなときにおすすめなのがこちら、「おこぶ 北淸」。だし用の昆布やカツオを販売する老舗が、もっとだしのおいしさを知ってもらおうとオープンしたカフェ&バーです。

おこぶ 北淸
前職はウェブデザイナーという店主のセンスが光るおしゃれな店内。お昼(土・日曜のみ営業)は定食、夜は日本酒に合うおばんざいを提供しています。

おこぶ 北淸
お店の隣では、昔ながらの店構えで昆布やカツオを販売。1912(明治45)年から営む老舗です。

おこぶ 北淸 (左から)野菜の素揚げ出汁ひたし500円、白板昆布巻き400円、ぐい呑み100ml 500円~
数種類の昆布を使い分けて作るおばんざいは、常時15種類ほど。日本酒は伏見のものをはじめ約6種類から選べます。だしがしっかり香る手作り料理と伏見の地酒をぜひ。

<京都・伏見>
春の特別公開を実施! 伏見七名水が湧く「御香宮神社」

伏見さんぽの途中に立ち寄りたいのが「御香宮神社」。神功皇后を主祭神とする神社で、境内の一角に湧く「御香水」は、伏見七名水のひとつとして知られています。

御香宮神社
伏見城大手門を移築した表門や、徳川家康が建立した本殿、小堀遠州ゆかりの石庭など、見どころがたくさん。

御香宮神社 金梨地糸巻葵紋(徳川光圀奉納)
6月2日(土)~10日(日)の期間中は、徳川家から奉納された刀剣などを特別公開するのでお見逃しなく。

<京都・伏見>
「黄桜カッパカントリー 黄桜酒場」で、できたて地ビールを

日本酒と地ビールが楽しめる清酒メーカー「黄桜」が運営する「黄桜カッパカントリー」。
レストラン「黄桜酒場」では、店内に設けられたビール醸造ファクトリーからいれるできたての地ビールを味わえます。

黄桜カッパカントリー 黄桜酒場
京都麦酒の華やかな香り、豊かなコクをたっぷりと堪能しましょう。

<京都・伏見>
酒蔵が並ぶ伏見らしい景色をゆったり眺められる「十石舟」

伏見の風情ある町並みをのんびり楽しむなら「十石舟」への乗船がおすすめ。江戸時代に一帯を運航していた三十石船を再現した観光船で、宇治川派流と濠川をめぐります。

十石舟
特に初夏は川沿いに並ぶ木々の新緑が美しく、気持ちのよいクルージングを楽しめます。

いかがでしたか? 伏見には日本酒はもちろん、お酒を使ったスイーツを味わえるお店もたくさん。酒処ならではの甘味をめざして、伏見の町をおさんぽしてみては。

今だけの特別企画を開催中!
~ほかにも月桂冠大倉記念館や長建寺の特別公開も要チェック~

ちょこっと関西歴史たび 伏見

掲載情報は2018年5月11日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ