2018年11月16日号

ひとりでも楽しめる 大阪のおすすめ夜ごはん7選

ひとり夜ごはんシリーズ第3弾は、大阪エリアのお店をご紹介します。
定食スタイルのおしゃれな食堂や、昔ながらの洋食屋さん、女性オーナーが営む日本酒の種類が豊富な居酒屋など、さまざまなお店が登場します!

<難波>
安心の素材で丁寧に作る気さくな食堂「SAN」

「SAN」はちょっとレトロな新桜川ビルの2階にあるお店です。
落ち着いた空間で、食堂として定食スタイルで料理を提供しています。

SAN
窓際には靴を脱いで座る小上がり席があり、「食堂らしくこんな席を作りたかった」とオーナーシェフの秋山卓史さん。

一日通してオーダーできる定食は、旬の素材を中心に使った料理が楽しめます。

秋山さんが修業してきたイタリアンやフレンチはもちろん、エスニックなども取り入れたオールジャンルで、定番のパスタ・リガトーニ定食以外は季節ごとに内容がチェンジ。
すべての定食にスープ、サイドメニュー2種類にパンかライスが付きます。

SAN ポルチーニとゴルゴンゾーラのリガトーニ定食1,620円(スープ・サイド2種・パンorライス付き/ディナー)
リガトーニは好評で定番になった定食で、短い円筒形をしたショートパスタに、濃厚なポルチーニとゴルゴンゾーラのソースがからみます。

夜に提供するパンは長崎から取り寄せているカンパーニュ。
ソースにつけて最後までさらいたくなるほどのおいしさです。

SAN (右から)イタリア イル・コンベンティーノ グラス540円、ジョージアサペラヴィ ドレミ ボトル5,940円、ポートランド アップルサイダー756円、イネディット594円、ロングルートエール1,080円
ワインも自然派のものを中心に用意しており、定食メニューにプラス324円でワイン付きにもできます。
スペインのビールやアメリカ・ポートランドのアップルサイダーなど、ちょっと珍しいドリンクもそろっています。
おいしい定食とともにこだわりの飲み物を頼んでみては♪

<大阪天満宮>
女性大歓迎の「にこ」で豊富なお酒と料理を堪能

2018年12月で大阪天満宮の南側に店を構えて9周年を迎える「にこ」。

にこ
「女性がひとりで気軽に通える居酒屋を作りたかった」と店主の東村奈緒美さん。
スタッフも女性が多く、おひとりさま女子が過ごしやすいと評判です。

ちょこちょこ食べたい女性のニーズに応えてポーションは少なく小皿料理が中心。
「選べる楽しさを」と定番と季節のおすすめを合わせて、50種近いメニューを用意しています。

にこ (手前から時計回りに)黒毛和牛すじ肉の塩煮込み580円、日本酒1杯500円~、焼き味噌三種盛り合わせ580円
なかでもおすすめは、ほとんどの人がオーダーするという黒毛和牛すじ肉の塩煮込み。
やわらかく煮込んだ黒毛和牛のすじ肉に、好みで薬味や3種の七味を入れて味を変えながら楽しめます。
ネギ味噌、あん肝味噌、鶏胡桃味噌の盛り合わせもお酒に合う味わい。

にこ
また、多くの常連を魅了しているのがお酒の品ぞろえ。
棚に並ぶ焼酎が約80種、日本酒が約20種、合わせると100種以上!

特に日本酒は基本1本ずつの仕入れで売り切れ次第終了のため、ほぼ毎日ラインアップが替わり、新鮮なおいしさをいつでも味わうことができます。

<難波>
オムライス発祥のお店「北極星 心斎橋本店」で愛され続ける味を

1950(昭和25)年に建てられた純和風の建物で楽しめるオムライスのお店です。

北極星 心斎橋本店
ケチャップライスを薄焼き卵で包んだ素朴な味わいのオムライスのはじまりは、胃の具合が悪かった常連さんのために工夫した料理だったとか。

北極星 心斎橋本店 チキンオムライスセット(海老フライ・味噌汁付き)1,300円
シンプルな料理ですが、ソースにはワインや醤油などを隠し味に使用。
卵は表面がしっかり焼かれているのに、中はふんわりとした食感が残っていて、職人の高い技術を感じさせます。

オムライスセットを注文すると、エビフライが3本ものって出てきます。
人気なのはチキンのオムライスで、最後まで飽きずに食べられるあっさりとした味わい。
チキンのほか、ハムやきのこ、ビーフ、カニなど8種類からチョイスできます。

北極星 心斎橋本店
心斎橋本店には個室もありますが、中庭を臨める大広間もあります。
お庭を眺めながら、長年愛されている味をゆっくり楽しむのもおすすめです。

<大阪天満宮>
「アジアンキッチン オオツカレー」の元気が出るスパイスカレー

「医食同源」を意識したスパイスカレーを提供する専門店。
スパイスカレーの魅力に気づき研究を重ねて独立したオーナーの大塚良介さんが、薬膳料理をベースとしたカレーを提供しています。

アジアンキッチン オオツカレー
こちらのカレーは小麦粉、バター、クリーム不使用。油もほぼ使わないので、胃もたれしにくいのが特徴です。

また、大塚さんの出身が香川県ということで、風味豊かで旨みが強いいりこだしを使っています。

アジアンキッチン オオツカレー 2種あいがけカレ(17:00~)1,100円
男女問わず人気なのがあいがけのカレー。
副菜もワンプレートに盛り付けられていて、23~25品目の野菜が摂取できるようになっています。

カレーは3種から選べ、初めての人は定番のポークキーマの薬膳スパイスカレーと、お肉といろいろ野菜のグリーンカレーがおすすめ。
基本は完全無農薬米の玄米で、リクエストがあれば白米にも変更できます。

アジアンキッチン オオツカレー
こちらのスパイスカレーは辛さだけでなく、フレッシュな自家焙煎スパイスの香りと素材の旨みが楽しめ、食べ進むにつれて体の内側からポカポカしてきます。
大塚さんが市場で仕入れた素材を使うので、日替わりで具材の内容を楽しめます。

<新福島>
オフィス街の穴場! イカ料理とパスタが絶品の「肥後橋 サンロクゴ食堂」

365日毎日でも来たいと思ってもらえるように、との願いから「サンロクゴ」と名付けられたお店。
店内にはひとりでゆっくり過ごせるカウンターもあり、ひとりごはんを楽しむ女性も増えているのだとか。

肥後橋 サンロクゴ食堂
イタリアンや洋食をベースとして、和食や中華のテイストも取り入れており、さまざまなジャンルの料理が楽しめます。

肥後橋 サンロクゴ食堂 (手前から時計回りに)イカなめろう412円、前菜盛り合わせ小626円、甲斐ノワール2014 626円
看板メニューのひとつがイカを使った料理。
食感が楽しめるように粗めにカットしたイカのなめろうは、自家製合わせ味噌とワサビの風味がお酒によく合います。

おひとりさま向けにはひとくちサイズの前菜の盛り合わせがおすすめ。
日替わりの前菜が8~10種あり、野菜がふんだんに使われています。

肥後橋 サンロクゴ食堂 ウニのクリームパスタ1,058円
夜ごはんをしっかり食べたいならパスタを。
トマトやクリーム、オイルなどベースの味を選んで、好みや気分に合わせて作ってもらえます。

濃厚な味わいのウニのクリームパスタは人気のメニュー。なので、ぜひ一度味わってみて。

肥後橋 サンロクゴ食堂 ワイン グラス450円~(写真は右からナイアガラ・ドライ2016 594円、ペンギンズ・リープ ナイアガラ2015 626円、丹波鳥居野サンジョベーゼ2015 734円)
「肥後橋 サンロクゴ食堂」の料理と相性抜群のワインは、日本産のみというこだわり。
大阪、京都、滋賀など関西のワイナリーを中心にそろえています。
グラスで赤白各4種ずつ用意。メニューにぴったりのワインを選んでもらえますよ。

まだある! 周辺のおすすめスポット♪

八百屋とごはん うらや 西本町店

<本町>
八百屋とごはん うらや 西本町店

元気になる栄養満点のヘルシー定食

ソース料理とワインが楽しめるお店「赤白」

<大阪駅>
ソース料理とワインが楽しめるお店「赤白」

ワインと100種類のソースを使用するフランス料理

いかがでしたか?
落ち着いた食堂で読書しながら食事をしたり、ゆっくりお酒を飲みながら夜の時間を楽しんだり…。
ひとりでもさまざまな楽しみ方ができるお店をご紹介しました。
ぜひ、大阪のひとりごはんを楽しんでみてくださいね。

公式アカウントで最新情報を配信中!
マイフェバ公式ツイッター
マイフェバ公式Instagram

掲載情報は2018年11月16日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
船の所要時間は、時間帯、交通事情、利用する港により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ