2018年12月7日号

寒い日にほっこり 京都のあったか湯どうふ

京都で訪れたい湯どうふのお店をご紹介します。
老舗の素材を使った湯どうふや湯葉が味わえる御膳、自分でお豆腐を作って食べられるメニューも。
冬の散策の途中で、おいしい湯どうふを食べて、ほっこり温まりましょう。

<木屋町>
まろやかな大豆の味を生かした「豆水楼 木屋町店」のおぼろ豆腐

大きな提灯が目印の「豆水楼 木屋町本店」。

豆水楼 木屋町店
木屋町通から路地を進んでいくと見える大きな屋敷は、大正時代築のもの。

豆水楼 木屋町店
当時の名残を残している町家は趣があり、タイムスリップしたような気分に浸れます。

豆水楼 木屋町店 町家膳(昼のみ)2,835円
こちらの湯豆腐は、国産大豆で作ったおぼろ豆腐です。
水分をしぼっていない分、大豆本来の味がしっかりと楽しめるのだとか。

湯豆腐はオリジナルの桶に入って提供されるのですが、これが食べるのにちょうどよい温度に保ってくれるすぐれものなのです。

お昼の町家膳は湯豆腐のほかに、胡麻豆腐、お豆腐とチーズの挟み揚げなど、自家製の豆腐料理がセットになっています。

豆水楼 木屋町店
そして、うれしいことに豆水楼自慢のおぼろ豆腐はおかわり自由。
リクエストが多かったことから、好きなだけおかわりできるスタイルをとっているそう。

ぜひ、思う存分味わってください♪

<清水寺>
自分で豆腐を作る体験ができる「清水順正 おかべ家」

清水寺参道途中にあるこちらは、南禅寺そばの老舗料亭「南禅寺順正」の姉妹店。

清水順正 おかべ家
京町家風の建物は8年前にリニューアル。
店内には豆腐の製造所も併設し、工程の一部を見ることもできます。

清水順正 おかべ家 ゆどうふ「藤」2,160円
名物のゆどうふのコースには、絹ごし豆腐と木綿豆腐の中間の食感の豆腐を使用。

温めることでやわらかくなり甘味が引き出されるので、お鍋の中でちょうど食べ頃を迎えます。

清水順正 おかべ家 おてまえ「藤」2,160円
ちょっと他とは違う体験をしてみたい方には、おてまえどうふのコースもおすすめ。

店内の製造所で作られた国産大豆の自家製豆乳に、自分でにがりを打って豆腐を作ります。混ぜたり蒸らしたり、豆腐作りの過程が簡単に体験できるうえ、できたてのおいしさが楽しめますよ。

ぜひ、清水寺の参詣の前後に立ち寄ってみては。

<祇園>
嵐山の名店の豆腐が味わえる「祇園 うえもり」の会席

花見小路からすぐの路地裏に構える「祇園 うえもり」。
元お茶屋をリノベーションした会席料理のお店です。

祇園 うえもり
店主は大阪や京都の和食店で腕を磨き、約12年前に嵐山で独立した上森さん。

祇園 うえもり
地元の素材を積極的に使い、日本の四季を織り込んだ華やかな料理で目と舌を楽しませてくれます。

祇園 うえもり 湯豆腐と湯葉の会席(昼)3,780円(夜)4,320円 ※要予約
唯一通年で提供しているのが湯豆腐と湯葉の会席コース。

最初のお店が嵐山にあったご縁から、「森嘉」の豆腐を使っています。
絶妙なやわらかさとコシを持つ湯豆腐は、繊細なだしに千鳥酢などを加えた自家製ポン酢でいただきます。

祇園 うえもり
ひろうすも「森嘉」、先付けの汲み上げゆばは「京ゆば処静家」、お造りの引き上げゆばは「半兵衛麩」と、それぞれ京都の老舗の素材を使うこだわりよう。

訪れる際は、お昼も夜も予約をして来店するのがおすすめです。

\ リーズナブルに楽しめる湯どうふも♪ /

おすすめスポット①
<西陣>
絶品の手作り湯どうふを「豆生庵」でお手頃に

「おいしい湯どうふがリーズナブルに楽しめる」と人気の西陣のお食事処です。

豆生庵
開店から約30年のお店は、家庭的な雰囲気。
西陣で生まれ育った店主が「地元の方に気軽に湯どうふを味わってほしい」という思いからオープンしました。

豆生庵
豆腐は手作りにこだわり、西陣のお豆腐屋さんから仕入れた国産大豆の絹ごしを使用。
豆腐の成分を留めてやわらかさを保つために、湯どうふのだしにおちょこ半量の豆乳を入れて温めているとか。

豆生庵 竹御膳(昼のみ)1,200円
全7品のコースは、ボリュームもたっぷり!
生ゆばは、「新鮮なほどおいしいから」と毎日オーナーが朝5時から作っているものです。
夜メニューにしかない豆腐料理もあるので、ぜひゆっくりと訪れてみてください。

おすすめスポット②
<北野天満宮>
作りたてが気軽に味わえる豆腐店直営の「とようけ茶屋」

1897(明治30)年創業の老舗豆腐店「とようけ屋山本」の姉妹店。

とようけ茶屋
「湯どうふをお店で食べたい」という客からの要望と、「にがりで作る絹ごしのおいしさを伝えたい」という店主の思いが重なり、1992年に北野天満宮の前でオープンしました。

とようけ茶屋
2階と3階が食事処になっていて、お昼だけ営業。
ベンガラの壁や着物柄をモチーフにエッチングしたガラス窓など、内装にも京都らしいこだわりが感じられます。

とようけ茶屋 湯豆腐膳1,350円
昆布だしに浮かぶにがり絹ごし豆腐はとろけるような食感で口溶けがよく、大豆本来の甘味が感じられます。
小鉢の寄せ豆腐も、濃厚な甘みがあるので調味料なしで味わえますよ。

姉妹店の生湯葉工房「七彩庵」のとろとろの生湯葉も絶品です。

とようけ茶屋 生ゆば丼1,037円
ほかにも、創意あふれるオリジナルの豆腐料理の中でも人気の「生ゆば丼」も要チェック!
和風のだしで炊き込んだ生湯葉の旨煮に、トロリとした葛のあんがかかったやさしい味わい。
こちらもぜひ食べてみたい一品です。

ほかにもある! 嵐山エリアの湯どうふもCHECK♪

嵯峨とうふ 稲 北店

<嵐山>
嵯峨とうふ 稲 北店

こだわりの豆腐や湯葉はすべて自家製

湯どうふ 竹むら

<嵐山>
湯どうふ 竹むら

湯豆腐料理で森嘉豆腐を堪能

気になるお店はありましたか?
京都散策の際は、ぜひおいしい湯どうふを食べに行ってくださいね。

公式アカウントで最新情報を配信中!
マイフェバ公式ツイッター
マイフェバ公式Instagram

掲載情報は2018年12月7日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
船の所要時間は、時間帯、交通事情、利用する港により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ