2018年12月21日号

老舗から個性派まで!大阪のおでん

冬になると食べたくなるものといえば、おだしがたっぷり染み込んだおでん。
今回は、大阪・キタエリアのおすすめを5店舗ご紹介します。
70年以上続く老舗から駅チカの個性派まで、バラエティ豊かなおでんをピックアップ!
アツアツをほおばって、体も心もポカポカ温まりませんか?

<曽根崎>
シメまでしっかり楽しめる、老舗「曽根崎 常夜燈」の手作りおでん

お初天神からほど近い場所に店を構える「曽根崎 常夜燈」。

1945(昭和20)年の創業以来、手作りのタネにこだわり、ひろうすやつくねなど女将さんが毎日手作りしています。

曽根崎 常夜燈
自慢のだしは真っ白になるまで煮込んだ鶏スープに、厚削りのカツオと羅臼昆布、天然鯛の頭を合わせたもの。

曽根崎 常夜燈 梅セット3,780円
創業から追い足し続けただしは、濃厚ながらもあっさりとした味わいで、だしだけをおかわりする人も多いそう。

曽根崎 常夜燈 国産牛のしゃぶしゃぶ120g 1,620円
こちらのおでんだしを使ったしゃぶしゃぶも人気で、だしの旨みがお肉と相性ぴったりでリピートする人が続出!

シメには、昆布だしで炊いた茶飯におでんだしをかけて、雑炊風に。
お腹いっぱいでもぺろりと食べられてしまうから不思議♪

曽根崎 常夜燈
昔から足繁く通う常連も多く、1年先の予約を取る人もいるほど。
繁忙期はすぐに予約で埋まってしまうため、気になったらすぐにお店に連絡して。

<福島>
くじらの旨みが溶け込んだ、絶品だしが行列を呼ぶ「花くじら 本店」

福島エリアでおでんといえば「花くじら」の存在は外せません。

ハイシーズンは早い時間から行列となり、週末ともなれば20~30組も並ぶことがあるんだとか。
それでも食べたいと思わせるのが、絶品のだしがあってこそ!

花くじら 本店
店名にも配したくじらのコロやさえずりを中心に、練り物や牛すじなど、だしに旨みが出るタネを強火で煮込むことでより深い味わいに。

タネの数も豊富で、ネギ袋や剣先イカのゲソ、はりはり巻きなど、店ならではの変わり種も人気を集めています。

花くじら 本店
女性人気が高いのは生麩や湯葉、チーズロールキャベツなど。
弾力があり、噛めば噛むほど味の出るタコもおすすめです。

花くじら 本店 (左から)日本酒2合600円、生麩200円、おでん(ネギ袋200円、大根100円、つくね200円、タコ300円)
店はビニールカーテンで仕切られた屋台風。
冬でも鍋の湯気や人の熱気で寒さしらず!

本店はカウンターのみですが、近くにある歩店は座敷もありますよ。
ちょい飲みや宴会など、シーンによって使い分けるのもいいですね。

<天満>
「焼き鳥とおでん 一石五鳥」のコラーゲンたっぷり鶏尽くしおでん

天満市場の北側にある裏天満と呼ばれるエリアには、コスパ抜群の居酒屋が数多く並び、連日たくさんの人でにぎわっています。

なかでも、ちょうちんがずらりと並んだ「ちょうちん通り」は女性でも気軽に立ち寄れるおしゃれな飲食店が次々とオープンし、話題に。

焼き鳥とおでん 一石五鳥
2018年3月にオープンした「焼き鳥とおでん 一石五鳥」もそのひとつ。

こちらのおでんのこだわりは、鶏ガラスープ、自家製鶏節のあっさりだし、羅臼産昆布だしの3つを合わせたトリプルスープ。

焼き鳥とおでん 一石五鳥 (左)おでん(大根162円、じゃがいも216円、鶏すじ216円、ちくわ130円、こんにゃく130円)、(奥)臥龍梅410円、(手前)獺祭626円
だしがたっぷり染みこんだおでんは、旨み濃厚ながら、すっきりとした味わいでお酒にもよく合うと評判です。

焼き鳥とおでん 一石五鳥 焼き鳥おまかせ5種盛り842円
朝挽き鶏を使った焼き鳥も人気で、毎日市場から仕入れ店内で丸鶏からさばくため鮮度抜群。
希少な部位が楽しめるだけでなく、自家製ミンチを使ったつくねなど、おでんダネにも鶏肉メニューを展開しています。

カウンター席も充実しているので、少人数でのちょい飲みにも便利♪
天満はしご酒リストに加えたくなる、居心地抜群のおすすめ店です。

<北新地>
10時間以上かけて煮込む濃厚だしが食欲をそそる「大鍋や 本店」

北新地エリアのど真ん中にあると思えない、町屋造の趣ある佇まいとほっこりとした店内の雰囲気で人気を集めるこちら。

大鍋や 本店
こちらのおでんは、九州産の赤酒やザラメ糖を使った甘味のあるだしを使い、店内中央にある大きな鉄鍋で約10時間以上煮込みます。

大鍋や 本店 こんにゃく100円、はんぺん220円、おでん5種盛り合わせ680円 など
しっかりとだしが染み込んだおでんは、季節タネも合わせて20種前後。
なかでも、長さ約8cm以上の大きな大根が人気で、ひとりで丸ごとペロリと食べてしまう人もいるんだとか。

一品料理も豊富で、おでん鍋の隣でくつくつ煮込まれている「和牛モツ肉豆腐」も人気。
日本酒や焼酎などアルコールも豊富で、しっかりと食事を楽しみたい人にもおすすめです。

大鍋や 本店 和牛モツ肉豆腐480円
料理はどれもリーズナブルで、北新地エリアでは破格のものばかり!
駅チカなのはもちろん、女性グループでも気軽に立ち寄れる居心地のよさにも注目です。

<大阪駅>
「ソース料理とワインが楽しめる店 赤白」で新感覚おでんに舌鼓

大阪駅直結、ルクア大阪の地下2階にある「赤白」では、ソムリエが現地で買い付けた種類豊富なワインと、ソース料理をテーマにしたフレンチが楽しめます。

手間ひまかけた料理が手頃な価格で味わえるとあって、オープン以来行列が絶えない人気店に。

ソース料理とワインが楽しめる店 赤白
こちらの看板メニューは「フレンチおでん」。

コンソメで煮込んだおでんは、全6種。
素材に合わせてポルチーニ茸のクリームソースやジェノヴェーゼソースなど、個性豊かな手作りソースがたっぷりとかけられています。

ソース料理とワインが楽しめる店 赤白 (左手前から時計回りに)コンニャクのコンソメ煮 肉味噌ボロネーゼ チェダーソース302円、コンソメで柔らかく炊いた大根のポルチーニ茸クリームソース掛け194円、白ワイン(ナターレヴェルガ)560円、丸ごとトマトのあっさりコンソメ煮 ジェノヴェーゼソース302円
シニアソムリエなど、ソムリエ資格を持つスタッフが多数在籍しているので、
料理に合わせてワインをチョイスしてもらうのもおすすめ。

平日11時から18時はボトルとグラス、どちらもおトクに楽しめるのもワイン好きにはうれしいところ。

ソース料理とワインが楽しめる店 赤白
駅直結ということもあり、平日週末問わず人気のため行列必至。

斬新な切り口で展開されるフレンチはどれも絶品なので、並んだかいあり!とうなずくこと間違いなし。

まだある! おすすめの大阪おでん

たこ梅 本店

<難波>
たこ梅 本店

老舗のおでん屋さんで
伝統の味を堪能

関東煮 きくや

<玉造>
関東煮 きくや

酒がすすむおでんは
旨みたっぷりのだしが決め手

行ってみたいお店は見つかりましたか?
ゆっくりお酒を飲みながら、大阪のおいしいおでんを食べてほっこりしましょう♪

公式アカウントで最新情報を配信中!
マイフェバ公式ツイッター
マイフェバ公式Instagram

掲載情報は2018年12月21日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
船の所要時間は、時間帯、交通事情、利用する港により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ
    今は設定しない