2019年1月11日号

元祖から進化系まで!大阪のスパイスカレー

一度は絶対食べておきたい大阪のスパイスカレーをご紹介!
元祖から進化系まで、カレーマニアも絶賛の逸品をご堪能あれ。

<福島>
「スパイスカリー大陸」のワールドワイドな味を詰め込んだカレー

かつて、南森町で人気を博したカレーの有名店「スパイスカフェ てん」の店主が、2016年に福島で再オープンしたのが「スパイスカリー大陸」です。

スパイスカリー大陸
元料亭の古民家を利用した「ゲストハウス由苑」の1階カフェスペースで、こだわりのカレーがいただけます。

スパイスカリー大陸 大陸カレー950円
前の店舗を閉めた後、世界を旅した店主が行き着いたのが、3種のカレーを盛り合わせた大陸カレー。

スパイスハーブの風味と肉の旨みが濃縮されたスパイシーキーマ、トマトの酸味とピリッとした辛みがマッチしたトマトチキンバター、マイルドなココナッツ豆カレーというラインアップ。

そして、特に珍しいのが副菜。
アフリカのクスクスなど、各国で出会ったおいしいものからアイデアを得たオリジナルの品が8種添えられています。

スパイスカリー大陸
辛さが苦手な方は、ココナッツ豆カレーのみでオーダーすることもできます。
同じ店内に入る「芥川珈琲」の自家焙煎珈琲を食後に楽しむのもおすすめですよ。

<西天満>
辛さをおさえた親しみやすいカレーを提供する「モリ商店」

2009年にオープンして以来、女性に高い人気を誇る「モリ商店」。

モリ商店
まるでカフェのようなかわいらしい雰囲気で気軽に入れることもあり、安定した人気を誇っています。

「カレーの世界をもっと身近なものとして広めたいと思って、基本的に辛くないカレーにした」と、店主の森さん。
マイルドでありながら、インド料理店に勤めていた経験を生かしたシンプルかつ巧みなスパイス使いが好評です。

モリ商店 やさいと豆のカレー900円
チキンカレーをはじめ、定番のカレーは4種。

なかでも、やさいと豆のカレーは動物性たんぱく質不使用のベジタリアンカレーです。
トマト、ジャガイモ、ニンジンのペーストと、具材はひよこ豆、ニンジン、ナス、ピーマン、厚揚げなどが入っているのでボリュームたっぷり!
11種のスパイスを効かせつつ、やさしい味わいが楽しめます。

モリ商店
こちらのお店オリジナルのひき肉とれんこんのカレーや、バターチキンカレーなど、ほかにも女性におすすめのメニューがそろいます。

これらの定番のほか、不定期でオリジナルカレーも1種登場します♪

カレーは辛さが4段階で調節可能。
平日の18時以降と土曜・祝日は「チキンカレー」、「バターチキンカレー」、「ひき肉とれんこんのカレー」から2種を選んであいがけにすることもできて、ちょっとおトクです。

<天王寺>
スパイスがしっかりと効いた美しいひと皿「虹の仏」

四天王寺の参道にあるスパイスカレーで好評の「虹の仏」。
カレーで有名ですが、実は和食を学んだ店主が営む食堂なんです。

虹の仏
店主の伊東さんがスパイスカレーに感銘を受けて、提供し始めたのが2013年頃のこと。
スリランカ人の知り合いから学んだ経験もあるそうですが、カレーについてはほぼ独学で研究してきたとか。

虹の仏 スパイスカレー1,000円
カレーメニューで提供するのは、あいがけのスパイスカレー1種類のみ。
ピリ辛の豆のカレーが基本で、もう1種類のカレーを3種類からチョイスします。

選べるカレーはマイルドな味わいの出汁キーマ、キリリと辛口のポークカレー、そして日替わりのカレー。
そこに5品の副菜も盛り付けられ、見た目もとても華やかです。

スリランカのカレーのスタイルを取り入れているため、混ぜて味が変化していくのを楽しむがおすすめ。
新潟県産の無農薬の古代米のもちもちした食感もアクセントになっています。

虹の仏
「挽きたてがおいしい」と毎朝スパイスを引いてブレンドしていることもあり、店内は爽やかなスパイスの香りが漂っています。

ほかにも、ランチ定食やオムライスもファンが多いメニューなのだとか。
カレーを食べたことがある人は、こちらもぜひ注文してみてくださいね。

<天満>
スパイシーさと旨みがマッチングしたインドカレーの「ナムプリー カリー」

天神橋筋五丁目商店街にあり、複数の店舗が集うミニ商店街のような「一松食品センター天五横丁」。
その一角にある焼鳥屋さんでランチタイムに食べられるのが、ナムプリー カリーです。

ナムプリー カリー
「女性の方が立ち寄りやすいように」とデザインされたお店は、カラフルでポップな印象。

キッチンに立つのは店主の熊谷さん。
彼女のアットホームな雰囲気で、ランチに通う女性のお客さんがたくさんいます。

ナムプリー カリー 2種愛がけ950円
もともと、熊谷さんは飲食店に勤めていましたが、本格的にカレーを作りはじめたのはこちらのお店を始めてからだそう。

常に研究し続けているというカレーは、インドカレーのスタイル。
定番のマイルドなエビのココナツカリーと、辛口の週替わりカレーの2種を用意しており、両方を盛り付けたあいがけが大人気です。

「レギュラーから外せなくなった」というエビカリーが特に好評で、ココナッツミルクのまろやかさがエビの旨みやスパイシーさを包み込んで、ヘビロテ必至の味わいに。

ナムプリー カリー
スパイス使いは控えめなので、何度食べても食べ飽きることがありません。

盛り付けも華やかなカレーは、シンプルかつフォトジェニックで、店主のセンスのよさや細やかさがにじみ出ています。

まだある! おすすめのスパイスカレー

旧ヤム邸 中之島洋館

<中之島>
旧ヤム邸 中之島洋館

スパイスたっぷりの
混ぜカレーが人気!

SOMA

<中津>
SOMA

アートな町家空間で
進化系カレーをあいがけ

げしとうじ

<南田辺>
げしとうじ

築80年超の長屋で
野菜たっぷりのスパイスカレーを

いかがでしたか?
一度食べればハマってしまう、人気のスパイスカレーをご紹介しました。
ぜひ気になったお店に立ち寄ってみてくださいね。

公式アカウントで最新情報を配信中!
マイフェバ公式ツイッター
マイフェバ公式Instagram

掲載情報は2019年1月11日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
船の所要時間は、時間帯、交通事情、利用する港により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ
    今は設定しない