2019年1月18日号

毎日が楽しくなる♪京都で見つけた文房具

仕事や勉強など日常生活には欠かせない文房具。
持っているだけで気分が上がるものや、大事な人にプレゼントしたくなるアイテムが京都にはいっぱいあります!そんな普段の生活を楽しくしてくれる文房具のお店をご紹介します♪

<京都市役所前>
シンプルだけど愛らしいアイテムがそろう「ANGERS河原町本店」

駅から徒歩1分と、アクセス便利な「ANGERS河原町本店」。
古い銀行を改装した店内は、木の温もりが感じられる温かい雰囲気です。

ANGERS 河原町本店
どのアイテムも目移りしてしまうかわいさですが、なかでも人気なのが、ANGERSオリジナルのノート。
美しい上製本や特装本の製本で有名な長野の「美篶堂(みすずどう)」に製作依頼したノートで、味わい深い色合いの表紙と書き味のよい中紙が特徴です。

ANGERS 河原町本店 (左から)HERBIN トラディショナルインク ムーンシャドウ1,512円、オリジナルノート ANGERS×美篶堂(A5サイズ)864円・(B6サイズ)810円 ※グレーは横罫、アクアは方眼、マリンはドット方眼、RUBINATOガラスペン2,916円
ガラスペンで思いをしたためるのも素敵な使い方ですね。

シンプルな中にもキラリとセンスが光るデザインのステーショナリーも注目です。

ANGERS 河原町本店 ボールペン(左)fisher ASTRONAUT 8,640円、(右)BULLET 5,400円
フィッシャー社が開発したスペースペンは「宇宙でも使えるボールペン」で、上向き、水中でも使用が可能。
なんとー34℃から+121℃の温度変化にも負けないのだとか。

そのほか、作家さんとコラボしたANGERSオリジナルのアイテムもあります。

ANGERS 河原町本店 アンジェオリジナルハンカチ 播州織×田中千絵 2,700円
文房具柄のハンカチはキュートなデザインはもちろん、使い心地も抜群です。
四季に合わせて変わる店内の雰囲気も、店を訪れる楽しみのひとつ。
2階、3階にはアパレルやキッチン用品など、それぞれのライフスタイルを提案してくれるアイテムが集まっているので、じっくりとショッピングを楽しんでみては♪

<円町>
「zakka+cafe mogamoga」のアジアン雑貨とカフェで心もお腹も満たされる

円町駅から徒歩14分、静かな住宅街の中に「zakka+cafe mogamoga」があります。

zakka+cafe mogamoga
「入るのに少し緊張する…」というお客さんも、かわいい家具が並ぶ店内とオーナーのやさしい雰囲気に、一度入るととりこになる人がほとんどのよう♪
店内では週替わりのプレートやスイーツをゆっくり堪能することもできます。

zakka+cafe mogamoga
年に数回タイや台湾、ベトナムなどに買い付けに行くというだけあって、雑貨の種類は豊富。
キッチン用品やアクセサリー、日用品、バッグなど、日本ではあまり見ることがない印象的なデザインのグッズに、ワクワクが止まりません!

zakka+cafe mogamoga (左から時計回りに)領収書150円、タイの日付スタンプ550円、メモ帳100円、フィンガークリーム250円、消しゴム50円
日常的に使うグッズのほかに「これは何に使うもの?」と、思わず手に取ってしまう不思議なものも。
そんなときは、気軽にオーナーに聞いてみてくださいね。

お家にあるだけで気持ちが明るくなりそうな、クスリと笑える楽しいデザインのものも。

zakka+cafe mogamoga ステッカー各200円
ちょっと珍しいものを探すのも、お店を楽しむ醍醐味かもしれません。
買い付けに行くたびにときめくアイテムも増えるようなので、お店に足を運ぶごとに新しい発見があるかも。リーズナブルな価格も気軽に買えちゃうポイントです。

<東山三条>
紙や印刷の無限に広がる可能性を発見できる「GALLERY & SHOP唐船屋」

大正時代より続く印刷会社「株式会社 からふね屋」がプロデュースするショップは、白と黒を基調とした落ち着いた雰囲気が印象的。

GALLERY & SHOP 唐船屋
店内には、紙そのものの特性を生かしたものや、昔ながらのデザインが印刷されたものなど、たくさんの種類のアイテムが並びます。

GALLERY & SHOP 唐船屋
ディスプレーされる商品は全国から集められたもので、特殊な製法で紙の強度を高めた「SIWA|紙和」など、作り手の技術が垣間見られます。

シンプルなデザインと使い心地のよさが人気の「つくし文具店」のペンケースは、一時品薄状態になるほどの人気ぶり。

GALLERY & SHOP 唐船屋 (左から)つくしペンケース3,672円、つくしのクリップ648円、つくしえんぴつ(5本入り)972円
リネンの帆布を使ったペンケースは味わいのある色合いで、ピンバッジなどをつけて楽しむ人もいるそうです。鉛筆やクリップも、なんだか親しみが持てるかわいらしさです。

唐船屋オリジナルの商品も見逃せません。

GALLERY & SHOP 唐船屋 (左)「京野菜」絵葉書1枚216円・6枚セット1,080円、(右)オリジナル文箱2,376円
手漉き和紙に手刷りのシルクスクリーンで印刷した文箱や、京野菜の写真画像を活版で印刷した絵葉書など、材質・デザインともにこだわった逸品たちにも心がときめきます。
1927(昭和2)年に製作した印刷見本帳を復刻させた絵葉書など、唐船屋では「昔からあるものを残したい」という想いが受け継がれているようです。

<京都駅>
文房具店の老舗が展開する関西店舗最大級の「伊東屋 京都店」

京都駅直結「ジェイアール京都伊勢丹」の10階にある「伊東屋 京都店」。
広々とした店内は東京・銀座本店のエッセンスを凝縮し、進化させたという魅力的な品ぞろえです。

伊東屋 京都店
ビジネス手帳の人気ブランド「高橋書店」から出た新シリーズの1日1ページ手帳「torinco1」など手帳だけでも数十種類がそろうほか、京都店限定柄のそえぶみ箋、伊東屋オリジナルブランドの革巻きボールペンやカードケースなど魅力的なアイテムがいっぱい。

伊東屋 京都店 (左手前から時計回りに)そえぶみ箋各324円、手帳torinco1 1,944円、カンタカルタ2,916円、edit3,024円、IDカードケース7,560円、革巻きボールペン各2,916円
「クリエイティブな時をより美しく、心地よくする」というお店のコンセプトのもと、日常使いできるものはもちろん、頑張った自分へのごほうびやプレゼントとして使ってみたい高級筆記用具も揃えています。

伊東屋 京都店
伊東屋オリジナルブランドの「カラーチャート」には、カードケースのほかにも名刺入れやペンケースなど、持つだけで背筋がピンッと伸びそうな気品あるデザインのアイテムがそろいます。

伊東屋 京都店
事務用筆記具から画材、革小物まで幅広い種類の文房具がそろうのも、専門店ならでは。
ふらっと立ち寄るだけでも、新しい発見が見つかりそうですね!

<京都市役所前>
和の香り漂う「鳩居堂」で想いを託すアイテム探しを

にぎわいを見せる寺町通りの中でも、格子戸の造りが凛とした佇まいの「鳩居堂」。
観光地ということもあり、朝早くからたくさんの人が訪れます。

鳩居堂
薬種商として創業したお店はその原料を使用し、お香を製造するようになりました。

鳩居堂
お香や匂袋の芳しさに包まれた店内には、線香など香りにまつわる商品のほか、筆や墨、はがきや便箋、金封、和紙製品などが並びます。

繊細で可憐なタッチのものから、目が覚めるような明るいデザインまで、種類豊富なはがきや一筆箋は目を奪われるかわいさ。

鳩居堂 (左から時計回りに)一筆箋木版648円(写真はすいせん、いちご)、一筆箋(パイナップルセージ)378円、花ふみか(3個入り)540円、花の文香(1個入り)324円、シルクはがき各86円
手紙などに添えて送る文香は、思いとともにやさしい香りも届けることができます。
こんな形で手紙をもらえたら、うれしくなりますね♪

ちょっとしたプレゼントに添える一筆箋や、送り手のやさしさが感じられる文香など、お店には“大切なあの人”が喜んでくれるアイテムが揃います。
気軽に感謝を伝えるという素敵な習慣ができるかもしれませんね!

まだある! 京都の気になる文房具店♪

裏具

<祇園四条>
裏具

独自の世界観が魅力的!
粋なオリジナル文具たち

鈴木松風堂

<四条>
鈴木松風堂

和紙の質感を大切にした
文具がたくさん!

いかがでしたか?
和を意識したものから目新しいものまで、ずっと大切に使いたくなるものばかり。
暮らしを彩るお気に入りのアイテムをぜひ見つけてください♪

公式アカウントで最新情報を配信中!
マイフェバ公式ツイッター
マイフェバ公式Instagram

掲載情報は2019年1月18日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
船の所要時間は、時間帯、交通事情、利用する港により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ
    今は設定しない