2019年10月4日号

この秋、世界の歴史にタイムトリップ 京都ヒストリカ国際映画祭&烏丸御池エリアで話題のお店

芸術の秋。たまには日常を忘れて、映画の世界に浸りませんか?
2019年10月26日(土)~11月4日(月・振替休日)に開催される注目イベント「第11回 京都ヒストリカ国際映画祭」とあわせて訪れたい、烏丸御池エリアの気になるスポットをご紹介します。

歴史をテーマにした「第11回 京都ヒストリカ国際映画祭」でタイムトリップ

「京都ヒストリカ国際映画祭」は、歴史をテーマにした世界唯一の国際映画祭。
烏丸御池エリアのシンボル的存在・京都文化博物館で、毎年秋に開催されるイベントです。

第11回 京都ヒストリカ国際映画祭 京都文化博物館3階フィルムシアターと別館で開催されます ※写真は別館
各国から選出した最新の歴史映画をはじめ、日本映画の名作を上映。
11回目を迎える今年は“映画に魔法をかける人たち”をクローズアップします。

第11回 京都ヒストリカ国際映画祭 (上)『カツベン!』©2019「カツベン!」製作委員会、(左下)『長靴をはいた猫』©東映、(右下)『ダムゼル とらわれのお嬢さん』Photo - Adam Stone
サイレント映画時代に上映の傍ら内容を解説した活動弁士を描いた作品や、日本アニメ文化の基盤を築いた戦後のアニメーターが手掛けた名作を上映。テーマを深めるトークイベントなども実施されます。

その他、映画『トワイライト』シリーズのヴァンパイア役で人気急上昇中の若手俳優、ロバート・パティンソン主演の西部劇コメディ『ダムゼル とらわれのお嬢さん』の上映も。「第68回ベルリン国際映画祭(2018)」コンペ出品作で、同イベントが日本初公開となる貴重な機会です。

さらに特別企画「今こそ語り合おう京都アニメーション、そして京都がアニメ文化史に刻んだ足跡を深掘りする」の開催も決定。
じっくり映画を鑑賞して、世界の歴史をタイムトリップ気分で味わいましょう。

映画祭を満喫するなら♪ アクセス便利なおすすめホテル

ホテルモントレ京都

ホテルモントレ京都

京都×英国文化が調和した
上質なステイを楽しんで

ホテルギンモンド京都

ホテルギンモンド京都

ヨーロッパ風の外観と
落ち着いた雰囲気にゆったり

三井ガーデンホテル京都四条

三井ガーデンホテル京都四条

京都らしさにこだわった
朝食ビュッフェが評判

\ あわせて立ち寄りたい! 周辺の話題店 /

肉汁がジュワッとあふれ出る「とくら 京都三条店」の絶品ハンバーグ

ハンバーグ好きの間で、京都といえば名前があがる「とくら」。
約20年前に京都・桂で創業し、2018年8月に3店舗目となる京都三条店がオープンしました。

とくら 京都三条店
多くの人を魅了するのは、ふっくらとふくらんだハンバーグからあふれ出てくる肉汁。
ひき肉の配合や使う肉の部位をはじめ、こね具合、焼き具合を試行錯誤し、現在のようなジュワッと肉汁たっぷりのハンバーグにたどり着いたのだとか。

とくら 京都三条店 ハンバーグとエビフライランチ(ごはん、みそ汁、サラダ、つけもの付き)150g 1,210円・250g 1,410円(日曜、祝日を除くランチのみ提供) ※写真のハンバーグは150g
おすすめは、赤ワインベースの酸味が効いたオリジナルソースハンバーグと、ぷりぷりのエビフライが味わえるランチセット。ハンバーグの量は150gと250gから選べます。

とくら 京都三条店
ディナータイムには注文できるハンバーグの種類が増え、明太子マヨネーズや野菜たっぷりのトマトソース、カルボナーラ、クラムチャウダーなど、ちょっと変わったソースも登場。

通うたびに、いろいろな味を楽しむことができます。

味も雰囲気も“パリの日常”を体感できる「LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE 京都店」

本場パリで人気を博す「LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE(リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー)」。
日本では東京に次いで、2018年10月に京都店がオープンしました。

LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE 京都店
パティスリー、ブーランジェリー、カフェが一体となった店内はとても広々。
約15mも続く大理石のカウンターはパリ本店と同じスタイルで、「パリの日常そのままをお届けする」というコンセプトにのっとっているそう。

LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE 京都店
工房から出てくる焼きたてのパンや焼き菓子などが、カウンターにずらりと並びます。

ぜひ食べたいのが、鮮やかな色合いが目を引く「クロワッサン リンツァー」。
AOPバターとグラフフェットバター、異なるこだわりのバターを使用した風味豊かなクロワッサンと、甘酸っぱいフランボワーズの組み合わせが新鮮です。

LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE 京都店 (奥)クロワッサン リンツァー451円(テイクアウト442円)、(手前)パングルモン シャンピニオン506円(テイクアウト496円) ※9月~季節限定で提供予定
キノコ3種をホワイトソースやグリエールチーズと煮込み、バゲット生地で包んだ「パングルモン シャンピニオン」といった、季節のパンも随時登場します。

LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE 京都店
洗練されたルックスのケーキは、フランスの伝統的なケーキがベースになっています。
9月からはオープン1周年を記念して、スペシャルケーキが登場しました。

LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE 京都店 マルシェ737円(ドリンク付きのケーキセット1,232円 ※写真はカフェオレ+55円)
「マルシェ」はイチゴやマスカット、キウイなど6種のフルーツを使った華やかなケーキ。
ケーキを囲みながら、パリのマルシェのように楽しい会話をして欲しいとの思いが込められています。

他にもイートイン限定スイーツや、野菜たっぷりのランチメニューも充実。
パリの味と雰囲気を心ゆくまで堪能してみてはいかが?

名シェフが手掛ける週末だけの砂糖菓子専門店「confiserie ESPACE KINZO」

2018年に惜しまれつつクローズした、京都を代表するパティスリー「オ・グルニエ・ドール」。
そのオーナーパティシエ・西原金蔵さんが、2019年6月に週末だけ営業する「confiserie ESPACE KINZO(コンフィズリー エスパス キンゾー)」をオープンしました。

シェフが新しく立ち上げたのは、コンフィズリーの専門店。

confiserie ESPACE KINZO クルスティヤン1箱1,450円~ ※テイクアウトのみ、写真はイメージ
コンフィズリーとはフランス語で砂糖菓子のこと。

こちらで作っているのはいわゆる琥珀糖で、まるで宝石のように美しく、シャリッとした食感が特徴です。中に忍ばせている素材はバルサミコ、実山椒や日本酒など、独創的なアイデアが光るものばかり。

confiserie ESPACE KINZO 京都水尾ゆずのグラニテ(氷)650円
京都・水尾のユズや梅などで砂糖漬けの試作を重ね、その際にできたシロップで作るシャーベット状の氷菓、グラニテが店内で味わえます。

オーダーごとに1杯ずつ作るグラニテは、ふんわりやわらかな食感。ユズの上品な甘みとほんのりした苦みの後に、さわやかなミントの香りが口に広がります。

confiserie ESPACE KINZO
ひっそりと始めたお店ですが、早くも注目度急上昇中。
シェフならではの素材のよさを引き出すコンフィズリーを求めて、足を運んでみて。

キレイめな大人のための普段着が見つかるセレクトショップ「bain marie」

にぎやかな三条通のビルの3階に、2018年9月オープンした「bain marie(バン マリー)」。

bain marie
オーナーは、世界最古の紳士服ブランド「ブルックス ブラザーズ」でセンスを磨いた2人。“キレイで普段使いできる大人のための洋服”をテーマにセレクトしています。

bain marie
関西では取り扱うお店が少ない「ippei takei(イッペイタケイ)」や「NO CONTROL AIR(ノー コントロール エアー)」など、国内ブランドの服や雑貨が集められています。

bain marie フレンチブル ベレー帽 各7,480円
シンプルで使いやすいベレー帽などもスタンバイ。
ウール100%の暖かく軽い被り心地で、コーディネートのワンポイントにおすすめです。

服を選びながらリラックスしてほしいと、コーヒーのサービスも行っています。

bain marie (左)コーヒー、(右)自家製プリン(提供は日による) ※購入者限定のサービス
オーナーのひとりが、烏丸で人気だったネルドリップ珈琲店「さんさか」の元店主。購入者限定で、本格的なブラックコーヒーを淹れてくれます。自家製プリンのサービスがあることも。

お気に入りの洋服を見つけた後は、おいしいコーヒーでほっとひと息入れましょう。

暮らしの中でアートが楽しめる「美術はがきギャラリー 京都便利堂」の絵はがきやグッズ

1887(明治20)年創業の老舗「便利堂」は、美術印刷や出版を手掛ける会社。
文化財撮影やその印刷物などで知られ、美しい絵はがきを生み出すことでも有名です。

明治時代から作品の色彩を忠実に再現する技術を磨き、そのノウハウを詰めこんだ絵はがきを「美術はがき」と名付けて販売しています。

美術はがきギャラリー 京都便利堂
アンテナショップ&ギャラリーのこちらでは、壁一面に絵はがきをディスプレイ。
約1,000種以上もの絵はがきが並ぶ姿は壮観です。

種類豊富な絵はがきは、「絵はがきソムリエ」と呼ばれるスタッフが好みや用途に合わせて、気軽に相談にのってくれます。

美術はがきギャラリー 京都便利堂 コロタイプ絵はがき 季趣五題 各385円
おすすめは、伝統技法・コロタイプを用いた絵はがき。
19世紀にフランスで発明された顔料による写真プリント技法で、深みのある色合いと豊かな表現力が特徴です。便利堂は日本で唯一、多色刷コロタイプ工房を持っています。

その他、雑貨や文具などがスタンバイ。
特に人気が高いのが、京都・高山寺に伝わる鳥獣人物戯画をあしらったグッズです。

美術はがきギャラリー 京都便利堂 鳥獣人物戯画シリーズ(左から時計回りに)ミニ箋セット各495円、マスキングテープ各550円、ポストイット550円、ピンバッジ各550円
原本に忠実な絵柄が再現されながらも、マスキングテープやピンバッジなど手に取りやすいカジュアルな雑貨がたくさん。

より身近にアートを感じることができます。

こちらもおすすめ! 周辺の名店喫茶

前田珈琲 文博店

前田珈琲 文博店

元銀行の由緒ある空間で
静寂の時間を

イノダコーヒ本店

イノダコーヒ本店

地元の人から観光客まで
京都を代表する喫茶店

喫茶マドラグ

喫茶マドラグ

純喫茶のよさを受け継ぐ
玉子サンドが人気

いかがでしたか?
今年はひと味違った芸術の秋を過ごしましょう♪

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

公式アカウントで最新情報を配信中!
マイフェバ公式ツイッター
マイフェバ公式Instagram

掲載情報は2019年10月4日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
船の所要時間は、時間帯、交通事情、利用する港により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ
    今は設定しない