2020年4月3日号

かわいい&個性派もいっぱい!神戸の文具

毎日の生活に欠かせない文具。
お気に入りのものを使うだけで、なんだか気分が盛りあがりますよね♪
長く使いたい上質なものから、かわいい&個性派まで、神戸の文具をご紹介します!

<神戸ハーバーランド>神戸の魅力が詰まった「NAGASAWA 神戸煉瓦倉庫店」のオリジナル文具

1882(明治15)年創業の、神戸を代表する老舗文具店「ナガサワ文具センター」。
本格的な万年筆をはじめ、気軽に買えるアイテムまで幅広く取り扱い、書くことの楽しさを提案しています。

NAGASAWA 神戸煉瓦倉庫店
ベイエリアの人気観光スポット「神戸煉瓦倉庫」にあるこちらは、神戸をモチーフにした文具や雑貨など、おみやげにも喜ばれるラインアップが中心。

NAGASAWA 神戸煉瓦倉庫店
オリジナル商品も多く、港のランドマーク「ポートタワー」や、北野異人館にある「風見鶏」といった神戸のシンボルが描かれた紙モノが人気です。

NAGASAWA 神戸煉瓦倉庫店 (左から)あそび箋 各407円、一筆箋 各429円、NAGASAWAオリジナル Filare ノック式ボールペン1,320円、そえぶみ箋 各385円
文具メーカー「ZEBRA」とコラボレーションした「NAGASAWAオリジナル Filare ノック式ボールペン」は、高級感あるデザインとなめらかな書き心地が特徴です。

NAGASAWA 神戸煉瓦倉庫店 Kobe INK物語 50ml 各1,980円~
2007年の発売以来、愛され続ける万年筆インクシリーズもぜひチェックしてみて。
神戸の風景や歴史をイメージして開発された「Kobe INK物語」は、定番が70色以上にのぼるとか。店舗限定色の「ハーバースカイ」は、ハーバーランドから眺める青い空を表現しています。

おみやげにはもちろん、大切な人に送る手紙にも、神戸の魅力を感じる文具を使ってみてはいかが?

<旧居留地>新しくなった「神戸市立博物館ミュージアムショップ」の文具がレトロかわいい!

「東西文化の接触と変容」をコンセプトとする「神戸市立博物館」が、2019年11月にリニューアルオープン。

神戸市立博物館ミュージアムショップ
もっと多くの人が訪れやすいようにと、これまで有料だった1階すべてが無料で利用できるようになりました。
新しくなった「ミュージアムショップ」もそのひとつです。

神戸市立博物館ミュージアムショップ
「EAST meets WEST」をテーマに、東洋と西洋の文化が融合した神戸の衣食住にまつわるアイテムを幅広くセレクト。
店内には、兵庫の作家による文具やストール、茶器、多彩なジャンルの本など、約1,000点がそろいます。

神戸市立博物館ミュージアムショップ (左から)エコバッグ1,320円、マッチ風メモパッド各198円、マスキングテープ各297円、ボールペン各220円
特に注目を集めるのは、博物館所蔵の「聖フランシスコ・ザビエル像」や「南蛮屏風」をモチーフにした商品。
どれもここでしか買えないオリジナルで、レトロかわいいデザインが人気です。

神戸市立博物館ミュージアムショップ (左)金平糖 ミックス626円、(右)カステーラ972円
思わずパッケージ買いしてしまいそうな、金平糖やカステラといった南蛮菓子もスタンバイ。
職人が窯焼きで作るカステラは、しっとりした食感で味も本格的です。

併設カフェの一部には、ちょっと休憩できるフリースペースも。
展示している本も自由に読書でき、ふらっと立ち寄るだけでも新しい発見がありそうです。

<栄町>ライフスタイルショップ「ViVO,VA」のシンプルで長く使いたい作家ものの文具

たくさんの雑貨店がひしめき合う栄町で、18年以上お店を構える「ViVO,VA」。

ViVO,VA
白いビル2階のワンフロアを使った店内には、テーブルウェアや布もの、アクセサリー、スニーカーなど、暮らしを豊かに彩る生活雑貨がずらりと並んでいます。

ViVO,VA
「ずっと愛用してもらえるものを届けたい」という思いから、丁寧なものづくりに定評がある作家のものをセレクト。
作家との出会いも大切にしていて、一度取り扱いになったアイテムが長くお店で購入できるのもうれしいポイントです。

文具も選りすぐったものばかり。

ViVO,VA (左から時計回りに)CINQめがねしおり715円、Noritake マスキングテープ550円、Noritake ノート(BLOCK GIRL・NOT SCARY DOG )各440円
なかでも目を引くのが、イラストレーター・Noritake(ノリタケ)さんによる脱力系デザインの紙モノです。
シンプルながらクスッと笑えるイラストは、毎日をほっこりさせてくれそう。読書好きな人には、個性的なメガネフレーム型のブックマークもおすすめです。

ViVO,VA Merchant & Mills Rapid Repair kit 3,080円
他にも、暮らしに役立つ道具が充実。
イギリスのブランド「Merchant & Mills(マーチャント&ミルズ)」のシックな裁縫道具キットは、手のひらサイズの缶に、糸や針、安全ピン、メジャーなどがセットになっています。

長く使いたい文具とともに、暮らしに役立つ道具もチェックしてみて!

<トアウエスト>洗練されたフレンチテイストの文具がそろう「De la nature」

フランスを中心に、ヨーロッパで仕入れた海外雑貨を扱うセレクトショップ「De la nature」。

De la nature
数年前に栄町からトアウエストに移転オープン。
洗練されたセンスで選ばれたアイテムが、目の肥えた神戸っ子たちに支持されています。

De la nature (左から時計回りに)DANS SA TÊTE無地ノート1,320円・方眼ノート638円、ウッド定規770円、練り消しゴム638円、ネズミ修正テープ715円
パリ発「DANS SA TÊTE」のノートは、紙質のよさとフランスらしい配色が魅力的。
木製の定規やネズミの顔が描かれた修正テープなど、実用性とデザイン性を兼ねそろえた文具は、一度使うと手放せなくなりそうです。

De la nature ポストカード各286円~
オーナーが長年かけて集めているポストカードもおすすめ。
貴重なポストカードもあり、特にフランス・プロヴァンス地方の風景がモノクロプリントされたものは、次はいつ入手できるか分からないそう。

ヨーロッパ好きにはたまらない、心ときめく文具をじっくり選んでみて♪

<元町高架通商店街>宝物を探す気分で訪れたい! ちょっとマニアックな黒鉛芯専門店「590&Co.」

2019年11月に、JR神戸線「元町駅」の高架下に移転オープンした「590&Co.(コクエン&コー)」。
鉛筆や黒鉛芯(シャープペンシル)などを中心に扱う専門店です。

590&Co.
ショーウインドーに飾られた大きな鉛筆が目印。
こぢんまりしたスペースに、40社以上の国内外ブランドから集めた黒鉛アイテムが所狭しと並んでいます。

590&Co.
珍しいデザインの鉛筆も多く、思わず目移りしてしまうラインアップです。
おすすめは、日本の花がモチーフの「花色鉛筆」。

590&Co. TRINUS 花色鉛筆(5本セット)1,980円
桜や紅梅などをイメージした色鉛筆は鉛筆削りで削ると、まるで本物の花びらのような削りかすが生まれます。
見た目だけでなく、使う楽しみも提案しています。

590&Co.
「自分の手になじむ一本を見つけてほしい」と商品を試し書きできるコーナーも用意。
鉛筆やシャープペンシルはもちろん、消しゴムや鉛筆削りまで自由に試すことができます。

まるで宝物を探すような気分で、とっておきの一本を見つけてみて。

こちらもチェック! 文具もそろう世界の雑貨屋さん

mano

<北野>
mano

乙女心をくすぐる
カラフルなメキシコ雑貨屋さん

Quy Nhon

<元町>
Quy Nhon

カラフルでかわいい
ベトナム雑貨&文具の宝庫

Zellij

<海岸通>
Zellij

モロッコに残る素朴で美しい
手しごとや工芸素材の文具たち

気になるお店はありましたか?
訪れるタイミングによって品ぞろえが異なるのも、文具を探す醍醐味です。
その時にしか出合えない特別な文具を、生活に取り入れてみて♪

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

公式アカウントで最新情報を配信中!
マイフェバ公式ツイッター
マイフェバ公式Instagram

掲載情報は2020年4月3日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
船の所要時間は、時間帯、交通事情、利用する港により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ
    今は設定しない