2013年3月1日号

日帰りで行ける離島!家島で島さんぽ

家島日帰りプチトリップ

姫路港からフェリーで約30分、港に並ぶ小さな漁船、迷路のような細い路地。島ならではのノスタルジックな風景に出会える家島。瀬戸内海を望む絶景も魅力です。
島人に聞く!おすすめ島風景
12
34 5
6
1.アイランドハウスいえしま荘の前の広場から見る夕陽は絶景!西島の向こうに太陽が沈んでいきます(小島さん) / 2.網手港近くから坊勢島を望む風景が好きです。春にはトベラが咲き、花の香りに包まれます(ジェレミーさん) / 3.真浦港、宮港周辺の集落には、細い路地が張りめぐらされ、古い民家が残っています。私の家の両隣も100年以上前の建物です(ジェレミーさん)4.川沿いや道に、普通に洗濯物が干されていることに、初めは驚きました!島ならではの風景です(中西さん) / 5.家島南端にある観音崎の近くには、カレイの形に見える鰈岩があります。手前の岩は、島人から軍艦岩と呼ばれています。このあたりは特に星がきれいに見えますよ!(中西さん) / 6.宮港を見下ろす宮浦夜泊は、家島屈指のビュースポット。家島らしい風景が眺められます(小島さん)

大立旅館 館主 家島観光事業組合 副組合長 / 小島 雅也さん
家島出身。島の小・中学校を卒業後、姫路市の高校、神戸市の大学を経て、島に戻る。以来、実家の家業である旅館業に携わって22年。現在は観光組合の活動にも奔走中。

いえしまコンシェルジュ / 中西 和也さん
大阪市出身。2009年にNPOいえしまの活動で家島に出会い、2011年4月に移住。旅館でのインターンや漁師のアルバイトを経て、島のガイドに。今までに500人以上を案内!

翻訳家 / ジェレミーさん
アメリカ出身。20年前に家島出身の奥さまと結婚して以来、たびたび島を訪れる。2010年、念願かなって家島に移住。現在は外国の方が来た時のガイド役や、島の消防団員も務める。3児の父。

掲載情報は2013年3月1日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事