2017年9月28日号
美術館をめぐろう~大人女子の芸術の秋~ in 岡山・広島

岡山

まだある!おすすめ芸術スポット
ほかにも、岡山でおすすめしたい美術館をピックアップ。人気の観光エリア・倉敷美観地区にある大原美術館から、ひと足のばして行きたい個性派の奈義町現代美術館までご紹介!
拡大 縮小
大原美術館
美しい街並みに構える名画ぞろいの美術館
倉敷美観地区にある日本最初の西洋美術中心の私立美術館。本館、分館、工芸・東洋館、児島虎次郎記念館の4つの建物で構成されており、エル・グレコ「受胎告知」やモネ「睡蓮」などの有名作品が常設展示されています。
「大原美術館」を詳しくみる
ARKO 2017 水野里奈愛知県出身の女性作家による緻密な絵画作品を展示若手作家を岡山・倉敷に招き、長期滞在しながら作品を制作してもらうアーティスト・イン・レジデンスプログラムARKO(アルコ)。今年は、愛知県出身の水野里奈氏を招いて数々の貴重なアート作品を公開します。
奈義町現代美術館
五感が刺激される自然に佇むアート空間
世界的建築家の磯崎新氏が設計し、作品と建物とが半永久的に一体化したユニークな美術館。「太陽」「月」「大地」と名付けられた3つの展示室で構成されており、それぞれの展示空間そのものが作品になっています。
「奈義町現代美術館」を詳しくみる
田中園子 写真の仕事
日常にレンズを向けた世界観あふれる写真作品
店舗前に置かれた人形や賃貸コーポ内の風景など、見慣れた日常を1枚の写真に。美しさや寂しさ、ささやかな幸福感など、田中園子氏独特の視点で切り取った風景作品を約200点展示します。
高梁市成羽美術館
美術館・考古学・自然科学の展示物が一堂に会する美術館
成羽町出身の洋画家である児島虎次郎の遺徳を顕彰するため、岡山県初の町立美術館として1953(昭和28)年に開館した美術館です。彼の絵画作品や収集品、成羽地域で採取された化石資料などを展示。建物は、建築家・安藤忠雄氏によるものです。
「高梁市成羽美術館」を詳しくみる
児島虎次郎作品新収蔵記念「近代日本洋画の歩み―山岡コレクションとともに」
山岡コレクションからたどる近代日本洋画界の歩み
平成28年度末に寄贈された児島虎次郎の作品11点の新収蔵を記念し、日本洋画の草創期から児島の生きた時代までを振り返ります。近代日本洋画界を彩った画家たちの作品をぜひ。
岡山市立オリエント美術館
国内唯一の公立専門美術館でオリエント文化を体感
現在のイラン・イラク・シリア・トルコ・エジプトにまたがる、オリエント地域の歴史や文化を紹介する国内唯一の公立専門美術館です。館内では展示物の見学のほかに、民族衣装の試着体験や併設喫茶で「アラビックコーヒー」を味わうこともできます。
「岡山市立オリエント美術館」を詳しくみる
和ガラスの美を求めて―瓶泥舎コレクション―
多様な生活道具としての粋で可憐な和ガラスを
瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館(愛媛県松山市)が所蔵する、美しい和ガラスコレクションを紹介する展覧会。盃や徳利などの飲食器をはじめ、かんざしや櫛も並びます。
「和ガラスの美を求めて―瓶泥舎コレクション―」を詳しくみる
岡山県立美術館
中世から現代までの岡山ゆかりの作品を展示
郷土にゆかりのある優れた美術品を展示、収集することをテーマに、内外の芸術活動を紹介する展覧会やワークショップを開催。雪舟や宮本武蔵、浦上玉堂、岡本豊彦らの作品を多ジャンルにわたって収蔵しています。
「岡山県立美術館」を詳しくみる
慈愛の人 良寛 ―その生涯と書
慈愛の心にあふれた良寛の魅力に迫る
越後に生まれ、詩歌や書に優れた托鉢僧だった良寛。ゆかりの地である岡山において、日本有数の良寛コレクター秘蔵の作品を中心に、約150点からその魅力に迫ります。
「慈愛の人 良寛 ―その生涯と書」を詳しくみる

掲載情報は2017年9月28日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ
    今は設定しない