2018年6月26日号

勝山や倉敷の昔懐かしい町で古民家さんぽ

のれん町・勝山 古民家散策コース
カラフルかわいい「のれん」が昔ながらの町を彩る町並み保存地区・勝山。酒蔵や古民家などをリノベーションしたカフェやギャラリーが軒を連ねます。「のれん」を見てまわるのも楽しい、勝山のおすすめ散策コースをご紹介。
拡大 縮小
START!

Nostalgie Cafe ろまん亭
元写真館で味わう真庭尽くしの洋食
大正中期に建てられた写真館を改装した古民家カフェ。北欧家具を配した空間で、お肉やお米、調味料など真庭地域の食材を使った洋食が味わえます。珍しい日本ミツバチのハチミツから採取した「百花の雫」で作るシフォンケーキもぜひ。
「Nostalgie Cafe ろまん亭」を詳しくみる
クーポン提示方法
ひのき草木染織ギャラリー
勝山のシンボル・のれんが生まれる工房兼ギャラリー
のれんの町として知られる勝山町並み保存地区。その仕掛け人である染織家・加納さんが営む工房兼ギャラリーがこちらです。築約250年の酒屋を改装した空間に、檜皮や杉皮など自然素材で染めたやさしい色合いの作品が並びます。

「ひのき草木染織ギャラリー」を詳しくみる
おみやげやプレゼントに♪ おすすめアイテムをチェック!

勝山文化往来館 ひしお
醤油蔵を再生した勝山カルチャ―発信地
勝山町並み保存地区を見渡す小高い丘に立つ文化施設は、明治初期の醤油蔵を改修したもの。梁や土壁、柱など蔵の名残が漂う空間で、展示会や演劇などが開催されます。館内には喫茶スペースもあります。
「勝山文化往来館 ひしお」を詳しくみる
ひしお講座をチェック!
藍染め体験ができます
染織家・加納容子さんの指導のもと、絞りによる大和藍を使った本格的な藍染め体験が楽しめます。月1回ほど開催され、詳細はHPで確認を。
かぴばらこーひー
川を望む窓際席が魅力の隠れ家的異空間カフェ
築約100年のクリーニング店を店主自らがリノベート。うなぎの寝床のような細い通路を抜けた先に、バリのアンティーク家具や雑貨を配した和×バリの異空間が現われます。旭川を望む窓際の特等席で、名物のレモンコーヒーでほっとひと息。

「かぴばらこーひー」を詳しくみる

NISHIKURA
勝山の老舗蔵元が営むお酒にまつわる複合施設
1804(文化元)年創業の御前酒蔵元が、「日本酒のある暮らし」をテーマにした複合施設を誕生させました。貯蔵庫だった築約150年の蔵の1階はショップ&カフェに、2階は食事処になっており、酒や酒粕で作る上品な味わいの料理が評判です。
「NISHIKURA」を詳しくみる
クーポン提示方法
旅のおみやげに買って帰りたい!おすすめはこちら♪
GOAL!

掲載情報は2018年6月26日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ