2019年9月17日号

瀬戸内国際芸術祭2019 秋のアートを楽しむ旅へin本島・高見島・粟島・伊吹島

本島

水軍の本拠地として江戸時代まで栄えた島
塩飽(しわく)諸島の中心に位置する本島。戦国時代から江戸時代には塩飽水軍が活躍し、海運業で栄えました。全国でも有数の海運王国を築くほど勢いがあったといわれています。芸術祭では、塩飽諸島のつながりや島にまつわる作品を展開します。
拡大 縮小
島へのアクセス
島のめぐり方
瀬戸内国際芸術祭2019 アート作品をチェック!
そらあみ<島巡り>
島から島へとつながりを広げる作品
本島、高見島、粟島などの各集落で漁網を編むワークショップを開催。春会期に沙弥島で展示したものとつなげ、全長約120mもの長さになった漁網を、泊海岸の波打ち際に展示します。
公式サイトで詳しくみる
水の下の空
海辺に設置されたゆったりと風に揺れる船
かつてせとうちの海を行き交った和船を思わせる立体作品。表面に砂が塗布されているため、砂で作られているように見えます。手掛けたのは元航海士という経歴を持つロシア出身のアーティスト、アレクサンドル・ポノマリョフ氏。
公式サイトで詳しくみる
おすすめ立ち寄りスポット
本島泊港からレンタサイクルまたは徒歩
笠島まち並保存地区
白壁や路地が続く風情ある昔町を散策
海と丘に囲まれた島の東側にある笠島集落には、古くからの町並みが多く残っています。独特のなまこ壁や古い土塀などレトロな建物をはじめ、外敵を惑わすために構成された複雑に入り組んだ街路は、ちょっとした冒険気分で散策にもぴったり♪
「笠島まち並保存地区」を詳しくみる
本島泊港からレンタサイクルまたは徒歩
honjima bakery
せとうちの海を眺めながら焼きたてパンをパクリ!
海沿いにある一軒家を改造したベーカリーカフェ。週末限定ですが地元の人で賑わう人気店。素材にこだわったシンプルなパンや焼き菓子がずらりと並びます。カフェスペースで海を眺めながら過ごすのもおすすめです。
「honjima bakery」を詳しくみる
公式アカウントで最新情報を配信中!
マイフェバ公式ツイッター
マイフェバ公式Instagram

掲載情報は2019年9月17日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
船の所要時間は、時間帯、交通事情、利用する港により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ
    今は設定しない