蓮華王院 三十三間堂

レンゲオウイン サンジュウサンゲンドウ

1,000体の観音様が並ぶ姿は圧巻の美しさ

お堂内陣の柱間が33あることから、三十三間堂の名で親しまれている。正式名称は蓮華王院。33という数字は、観音菩薩の変化身三十三身を表している。南北約120mにもわたる長大なお堂には、丈六の千手観音坐像(国宝)、風神・雷神像と二十八部衆像(国宝)などが安置されている。なかでも、1,000体もの等身観音立像が、前後10列の階段状の壇上にずらりと並ぶ姿は圧巻。観音像のなかには、必ず会いたい人に似た像があると伝えられている。

住所 京都府京都市東山区三十三間堂廻り町657
アクセス JR各線「京都駅」から市バス「博物館三十三間堂前」下車すぐ または、奈良線「東福寺駅」から京阪「七条駅」下車、徒歩7分
TEL 075-561-0467
営業時間 4月1日~11月15日8:00~17:00
11月16日~3月31日9:00~16:00
※最終受付は各30分前
定休日 無休
URL http://www.sanjusangendo.jp
料金 一般600円、高校生・中学生400円、小学生300円
  • 蓮華王院 三十三間堂
  • 蓮華王院 三十三間堂

掲載情報は2016年10月31日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事