姫路文学館

ヒメジブンガクカン

播磨ゆかりの文人たちの足跡をたどる

姫路城の北西に位置。建築家の安藤忠雄氏が「城を回遊する空間・文学と対話する空間」として設計した。北館には播磨ゆかりの文人たちを紹介する展示室や、播磨の文化風土を絵巻物風に展示した「播磨曼荼羅」が。南館には、司馬遼太郎の作品と生涯を紹介する記念室があり、原稿や手紙、愛用の品なども展示されている。敷地内にある大正時代に建てられた和風建築「望景亭」など、姫路城の眺めも抜群のビュースポットでもある。

住所 兵庫県姫路市山野井町84
アクセス JR神戸線「姫路駅」から徒歩30分、または神姫バス乗り換え「市之橋・文学館前」下車、徒歩4分
TEL 079-293-8228
営業時間 10:00~17:00(入館は~16:30)
定休日 月曜(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、12月25日~1月5日
URL http://www.city.himeji.lg.jp/bungaku/
  • 姫路文学館
  • 姫路文学館
  • 姫路文学館
  • 姫路文学館

掲載情報は2013年4月26日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない