吉田神社

ヨシダジンジャ

平安京遷都から65年後になる859年に、御所の鬼門にあたる吉田山に創建された。もともとこの場所は神楽岡と呼ばれ、神代より神霊が宿るとして崇められていた地。その聖地に方除け鬼門封じ、厄除開運の神を祀り、国の安寧と国民の平安を願って創設している。藤原山蔭が一門の氏家として平城京の春日大社に神を勧請したように、平安京における藤原氏一門の氏神として崇拝を受けるようになっていった。室町時代には、吉田兼倶が吉田神道を創設し、その拠点として境内に大元宮を造った。大元宮は、全国の神を祀る社。大元宮は、八角形の本殿に六角形の後房を付けた特異な様式で、一説には織田信長がその形を模して安土城を造ったともいわれているそうだ。大元宮は普段は開門しておらず、毎月1日の日と、正月・節分のそれぞれ3日間だけ門が開くことになっている。

住所 京都府京都市左京区吉田神楽岡町30
アクセス 奈良線「東福寺駅」から京阪本線「出町柳駅」下車、徒歩20分 または、JR各線「京都駅」から市バス「京大正門前」下車、徒歩5分
TEL 075-771-3788
営業時間 拝観時間:9:00~17:00(社務所開設時間)
定休日 無休
(大元宮参拝は毎月1日、1月1日~3日、2月2日~4日のみ)
URL http://www.yosidajinjya.com
  • 吉田神社
  • 吉田神社
  • 吉田神社
  • 吉田神社

掲載情報は2011年3月28日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない