萬福寺

マンプクジ

中国明朝様式を取り入れた異国情緒漂う寺院

萬福寺は禅宗の一派、黄檗宗の大本山。日本からの招請を受け、江戸時代に中国・明から渡来した隠元禅師(いんげんぜんじ)が、後水尾天皇や4代将軍・徳川家綱の尊崇を得て開山。ほぼすべての伽藍が中国様式であり、どこか日本の寺院とは違った空間を有している。三門から天王殿、大雄寶殿、法堂と一直線に並び、匂欄は卍くずしのようにデザインされている。なかでも本堂となる大雄宝殿は日本で唯一、チーク材を使った歴史的建造物である。萬福寺は普茶料理(ふちゃりょうり)でも有名。この料理は修行僧が日常的に食す精進料理とは違い、法事などで出す、いわばおもてなしの料理。ヘルシーなのは勿論、煮物、焼物、揚物などたくさんの味が楽しめる(11:30~14:30/有料・要予約)。また、毎月8日(2月と8月を除く)、布袋尊(弥勒菩薩)の縁日に「ほていまつり」を開催。拝観料が無料となる9:00~15:00まで、手作り市を中心に、法要、法話、お茶席などが実施される。

住所 京都府宇治市五ケ庄三番割34
アクセス 奈良線または京阪宇治線「黄檗駅」から徒歩5分
TEL 0774-32-3900
営業時間 9:00~17:00(最終受付16:30)
定休日 無休
URL https://www.obakusan.or.jp/
料金 大人(高校生以上)500円、小・中学生300円
普茶料理(11:30~14:30/要予約)3,240円~
  • 萬福寺
  • 萬福寺
  • 萬福寺
  • 萬福寺

掲載情報は2019年6月14日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • 白雲庵
    京都府
    6
    2

    黄檗系統の精進料理の伝統を舌で確かめよう

  • たま木亭
    京都府 京都府その他
    200
    233

    オリジナリティーを追求したパンに遠方から通うファンも

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない