三室戸寺

ミムロトジ

広大な庭園を有する京都随一の花寺

約1200年前に光仁天皇の勅願により、行表禅師(ぎょうひょうぜんじ)が創建。岩淵より出現した千手観世音菩薩を安置したと伝えられている。天皇や貴族の崇敬を集め、堂塔伽藍が整い、やがて霊験を求める庶民の参詣で賑わうように。建物は寛正年間の大火や織田信長の焼き討ちで焼失。室町時代から残る十八神社以外は江戸時代に建てられたものだ。約5,000坪もある与楽園が有名で、枯山水・池泉回遊式の庭園は室町時代の作庭手法を模したもの。5月には約2万株のツツジや約1,000本のシャクナゲが、6月には約1万株ものアジサイが咲き誇る。さらに6月末からは約100種もあるハスの花が咲く。秋には紅葉の名所となるため、四季を通して散策が楽しめる。

住所 京都府宇治市菟道滋賀谷21
アクセス 奈良線「黄檗駅」から京阪宇治線「三室戸駅」下車、徒歩15分
TEL 0774-21-2067
営業時間 4月~10月8:30~16:30
11月~3月8:30~16:00
※最終受付は閉門30分前
※あじさい園のライトアップ2019年6月8日~23日の土・日曜のみ19:00~21:00(最終受付20:30)
定休日 12月29日~31日
URL http://www.mimurotoji.com/
料金 大人500円、小人300円
※あじさい園の開園期間は昼夜ともに大人800円、小人400円(昼夜入れ替え制)
  • 三室戸寺
  • 三室戸寺
  • 三室戸寺
  • 三室戸寺

掲載情報は2019年12月4日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • 花の茶屋
    京都府 宇治・伏見
    9
    2

    花盛りの季節だけ和スイーツが楽しめる甘味処

おすすめ記事

    今は設定しない