御金神社

ミカネジンジャ

地元で親しまれてきた、お金の神様

お金にまつわるご利益が得られるとして、金融業や不動産業に携わる人たちも参拝に訪れるという神社。ここに祀られているのは、金属のすべてをつかさどる金山毘古命(かなやまひこのみこと)。昔から刀剣などの武具や農耕具としての鋤や鍬、通貨として用いられる金、銀、銅の御金(みかね)を護ってくれる神として、辺り一帯に暮らしていた釜師や両替商などから信仰を集めていたのだとか。境内には京都市内有数の大きさを誇るイチョウのご神木があり、イチョウの葉をかたどった絵馬やお守り、小判の形をしたお守りは、見た目にもご利益がありそう。

住所 京都府京都市中京区押西洞院町618
アクセス JR各線「京都駅」または近鉄京都線「竹田駅」・「京都駅」から地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」下車、徒歩5分
TEL 075-222-2062
営業時間 境内自由
定休日 無休 ※社務所は不定休
料金 境内自由
  • 御金神社
  • 御金神社
  • 御金神社
  • 御金神社

掲載情報は2015年12月15日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない