和歌浦天満宮

ワカウラテンマングウ

美しい景色と貴重な建物に出会える天神様

菅原道真が大宰府へ赴任する際に立ち寄った場所に建てられ、大宰府天満宮、北野天満宮とならび日本の三菅廟といわれるお宮。訪れた際にまず目に入るのが、楼門から伸びる自然石の石段。足元に気をつけながら上りきり、振り返れば和歌浦湾の美しい景色が眼下に広がります。全国最大規模を誇る雄大な楼門、内外部ともに華麗な装飾と力強い彫刻が施された本殿(重要文化財)や、使い古しの筆を供養する筆塚など、みどころがたくさん。高津子山方面につながり、道中、美しい景色に出会えるハイキングコース「潮騒の小径」もぜひ。

住所 和歌山県和歌山市和歌浦西2-1-24
アクセス 阪和線「和歌山駅」から和歌山バス(所要25分)「権現前」下車、徒歩5分
TEL 073-444-4769
営業時間 8:00~17:00
定休日 無休
  • 和歌浦天満宮
  • 和歌浦天満宮
  • 和歌浦天満宮
  • 和歌浦天満宮

掲載情報は2012年3月16日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事

    今は設定しない