紀三井寺

キミイデラ

和歌の浦を臨む、大願成就のパワースポット

約1250年前、宝亀元年(770年)唐僧・為光上人が開基した歴史あるお寺。西国三十三所観音霊場第2番の札所。万葉集にも詠まれた和歌の浦の絶景を眺められることから、松尾芭蕉などの文人墨客も訪れたそう。寺名の由来となっている三井水(清浄水・楊柳水・吉祥水)が今も絶えず湧き出す境内には、室町時代に建立された多宝塔や楼門、鐘楼などの重要文化財が建ち並ぶ。平成20年には、木造立像としては日本最大の大千手十一面観音像が造立され、大願成就のパワースポットとして話題に。近畿一の「早咲き桜」の名所としても知られている。

住所 和歌山県和歌山市紀三井寺1201
アクセス きのくに線「紀三井寺駅」から徒歩10分
TEL 073-444-1002
営業時間 8:00~17:00 (仏殿の大千手十一面観音像の拝観時間は8:30~16:30)
定休日 なし
URL http://www.kimiidera.com/
  • 紀三井寺
  • 紀三井寺
  • 紀三井寺
  • 紀三井寺

掲載情報は2012年3月16日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事

    今は設定しない