湯浅町湯浅重要伝統的建造物群保存地区

ユアサチョウユアサジュウヨウデントウテキケンゾウブツグンホゾンチク

醤油の香りが漂う昔ながらの日本の風景

かつては熊野古道の宿場町として栄え、近代には醤油などの醸造業で栄えた湯浅。格子戸や虫籠窓、白壁の土蔵などが軒を連ねる一帯が国の重要伝統的建造物群保存地区となっていて、江戸末期から残る建物が住民の手によって大切に保存されている。今も現役の醤油蔵や資料館として開放している銭湯「甚風呂」なども点在。北町通りの北側には大仙堀とよばれる醤油蔵が並ぶ堀があり、湯浅港も目の前。地の利を生かして湯浅が栄えていた歴史を物語っている。

住所 和歌山県有田郡湯浅町湯浅
アクセス きのくに線「湯浅駅」から徒歩15分
URL http://www.yuasa-kankokyokai.com/
お問い合わせ先 湯浅町観光協会
TEL:0737-63-2525
備考 ※このスポットは本勝寺周辺でチェックインできます
  • 湯浅町湯浅重要伝統的建造物群保存地区
  • 湯浅町湯浅重要伝統的建造物群保存地区
  • 湯浅町湯浅重要伝統的建造物群保存地区
  • 湯浅町湯浅重要伝統的建造物群保存地区

掲載情報は2015年5月15日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • 北町茶屋いっぷく
    和歌山県 和歌山
    45
    10

    畳の上でくつろげる古民家カフェ

  • 古由青果
    和歌山県 和歌山
    37
    12

    フルーツ専門店だからこそできるぜいたくジェラート

  • かどや食堂
    和歌山県 和歌山
    68
    18

    湯浅湾の海の幸を味わえる昔ながらの食堂

おすすめ記事

    今は設定しない