弁天島

ベンテンジマ

奈座港の目の前にぽっかりと浮かぶ伝説の島

坊勢島・奈座港のすぐそばに位置する、海からぽっかりと突き出した岩山。漁師の守護神である弁財天が祀られている。かつて漁師の娘が、嵐を治めるために自ら海に身を投じたという伝説が残り、この娘の心がまるで弁天様のようだということから、この岩が弁天様と呼ばれるようになった。地元では「神権(じんごん)さん」とも呼ばれ親しまれている。

住所 兵庫県姫路市家島町坊勢
アクセス JR神戸線「姫路駅」から神姫バスで姫路港。船で約30分、坊勢島・奈座港から徒歩すぐ
営業時間 境内自由
定休日 境内自由
お問い合わせ先 079-325-8777(家島観光事業組合)
  • 弁天島

掲載情報は2013年3月1日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない