坊勢寺跡

ボウゼテラアト

比叡山の高僧ゆかりの寺院跡から絶景を望む

奈座地区にある寺跡。比叡山西塔実相院の高僧である覚円が島に配流された折に、その弟子たちが大勢渡ってきたと伝えられる。坊勢という島名は、その覚円にちなむとも、百済の王子の子孫で、坊勢法師と名乗る海の軍人の首領にちなむともいわれている。家島十景のひとつにも数えられる美しい眺めが楽しめる。

住所 兵庫県姫路市家島町坊勢
アクセス JR神戸線「姫路駅」から神姫バスで姫路港。船で約30分、坊勢島・奈座港から徒歩6分
営業時間 境内自由
定休日 境内自由
お問い合わせ先 079-325-8777(家島観光事業組合)
  • 坊勢寺跡

掲載情報は2013年3月1日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない