アンドリュース記念館

アンドリュースキネンカン

ヴォーリズが日本で最初に設計した建物

1907(明治40)年、ヴォーリズが日本で最初に設計し、国の有形文化財にも登録されている建築物。学生時代の友人であるアンドリュースの寄付によって建設されたといわれている。左右引き開きの洋風建具を取り付けた和風の吉野窓など、ヴォーリズならではの和洋折衷の建築様式を見ることができる。現在地に改築移転されたのは1935年。今は介護予防の拠点として利用されているため入館はできず、外観のみ見学することができる。

住所 滋賀県近江八幡市為心町中31
アクセス 琵琶湖線「近江八幡駅」から近江バス「大杉町」下車、徒歩5分
お問い合わせ先 0748-32-2456(公益財団法人近江兄弟社 本部事務局)
  • アンドリュース記念館

掲載情報は2013年4月26日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事

    今は設定しない