豊国神社

トヨクニジンジャ

太閤・豊臣秀吉ゆかりの品々がずらり

豊臣秀吉を祀る神社で、もとは東山にあったが、大坂夏の陣の後に徳川家康によって廃祀され、1880(明治13)年に現在の地に再建された。本殿正面の唐門(国宝)は伏見城の遺構で、桃山時代の作という貴重なもの。境内にある宝物館には、秀吉の遺品を納めた唐櫃(重要文化財)や、戦場で実際に用いられた馬印など、秀吉ゆかりの品々が展示されている。

住所 京都府京都市東山区大和大路通正面茶屋町530
アクセス 奈良線「東福寺駅」から京阪本線「七条駅」下車、徒歩8分 または、JR各線「京都駅」から市バス「博物館三十三間堂前」下車、徒歩5分
TEL 075-561-3802
営業時間 境内自由
宝物館9:00~17:00(最終入館16:30)
定休日 無休
  • 豊国神社
  • 豊国神社
  • 豊国神社
  • 豊国神社

掲載情報は2016年2月18日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない