平岡八幡宮

ヒラオカハチマングウ

宮司とともに山城国最古の八幡宮の歴史をめぐる

創建から1200余年を数える山城国最古の歴史深い八幡宮。弘法大師が創建し室町時代に足利義満が再建。境内では、金魚の形をした葉っぱが特徴の金魚葉椿など、数百種の椿を楽しむことができる。春と秋には、期間限定で本殿の「花の天井」の特別拝観を実施。宮司のお話と大福茶の接待付きで約1時間。弘法大師のお話から正しい参拝方法、境内にある花々の説明、京都・右京区梅ヶ畑の地名の由来まで、なかなか聞けない豆知識がいっぱい。

住所 京都府京都市右京区梅ケ畑宮ノ口町23
アクセス 嵯峨野線「円町駅」またはJR各線「京都駅」からJRバス「平岡八幡」下車、徒歩3分
TEL 075-871-2084
営業時間 10:00~16:00
※花の天井特別拝観は3月4日~5月15日、9月4日~12月4日(10月2日・8日~10日は休み)10:00~16:00(最終受付15:30頃)
定休日 無休
  • 平岡八幡宮
  • 平岡八幡宮
  • 平岡八幡宮
  • 平岡八幡宮

掲載情報は2016年10月31日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない