壇上伽藍

ダンジョウガラン

真言宗の開祖・空海が最初につくった修業の場

弘法大師(空海)が高野山を開創した時、真っ先に整備へ着手した場所で、奥之院と並ぶ高野山の二大聖地とされている。朱塗りが美しい根本大塔、高野山の総本堂として重要な役割を果たしている金堂、国宝の不動堂などが建ち並ぶ。各諸堂の案内順番は、高野山に伝わる「両壇遶堂(りょうだんにょうどう)次第」にのっとっており、紹介順での参拝がおすすめだ。

住所 和歌山県伊都郡高野町高野山152
アクセス 和歌山線「橋本駅」から南海高野線「極楽橋駅」乗り換え、高野山ケーブル「高野山駅」から南海りんかんバス「金堂前」または「大塔口」下車すぐ
TEL 0736-56-3215
営業時間 8:30~17:00
定休日 無休
  • 壇上伽藍
  • 壇上伽藍
  • 壇上伽藍
  • 壇上伽藍

掲載情報は2014年11月12日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事

    今は設定しない