履中天皇陵古墳

リチュウテンノウリョウコフン

後円部を眺められるビュースポットを新設

墳丘長約365mと百舌鳥古墳群の中では仁徳天皇陵古墳に次ぐ前方後円墳で、日本でも3番目の大きさ。仁徳天皇陵古墳、反正天皇陵古墳とあわせて「百舌鳥三陵」として親しまれている。履中天皇は仁徳天皇の息子とされるが、仁徳天皇陵古墳より前の5世紀前半頃に造られたことがわかっていて謎が多い。2017年に新設されたビュースポットからは、後円部の壮大な景色が眺められる。

住所 大阪府堺市西区石津ヶ丘
アクセス 阪和線「上野芝駅」から徒歩3分
営業時間 見学自由
定休日 見学自由
URL http://www.sakai-tcb.or.jp/spot/spot.php?id=160
お問い合わせ先 百舌鳥・古市古墳群ワンストップ電話窓口
TEL:0120-099-771(9:00~17:30/年末年始除く)
  • 履中天皇陵古墳
  • 履中天皇陵古墳

掲載情報は2017年9月22日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • 大仙公園
    大阪府 大阪府その他
    78
    174

    自然と歴史に包まれた公園で四季を感じて

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない