丸岡城(霞ヶ城)

マルオカジョウ(カスミガジョウ)

春には桜に彩られる日本最古の天守

現存する天守の中で、最も古い建築様式を持つ平山城。1576(天正4)年、柴田勝豊により築城され、現在は国の重要文化財に指定されている。外観は2層、内部は3階の望楼型天守になっており、すべて石瓦で覆われている全国的にも珍しい屋根が特徴。園内には、約400本のソメイヨシノが植えられ、日本さくら名所100選にも認定。霞ヶ城の別名にふさわしく、春には満開の桜に浮かぶ幻想的な姿を望むことができるほか、丸岡城桜まつりが開かれる。

住所 福井県坂井市丸岡町霞町1-59
アクセス 北陸本線「福井駅」から京福バス「丸岡城」下車すぐ、または北陸本線「芦原温泉駅」から京福バス「丸岡城」下車すぐ
TEL 0776-66-0303
営業時間 8:30~17:00(最終入城16:30)
定休日 無休
料金 入城料:大人450円、小中学生150円
コイン
100coin

初回チェックインで100コインGET!!
対象期間:2019/3/12〜2019/6/30

  • 丸岡城(霞ヶ城)
  • 丸岡城(霞ヶ城)
  • 丸岡城(霞ヶ城)
  • 丸岡城(霞ヶ城)

掲載情報は2019年3月12日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事