常山酒造

トコヤマシュゾウ

歴史と伝統を今に受け継ぐ蔵元

福井松平藩の御用商人を祖とする家柄で、酒造業を始めたのは1804(文化元)年。後に「羽二重正宗」の銘柄で親しまれるようになった。第2次世界大戦の大空襲、福井地震と度重なる被害に遭いながらも復興を遂げ、歴史と伝統を今に受け継いでいる。現在のメインブランドは「常山」。地元産の美山錦、五百万石などを使い、品質保持のため製造量をあえて抑えて丁寧な手作業で醸しており、小規模の蔵ながら酒質には定評がある。2014年の造りから、現在の専務である常山晋平氏が製造責任者となり、新たな高みをめざす「常山」。毎年進化を続け、目が離せない。

住所 福井県福井市御幸1-19-10
アクセス 北陸本線「福井駅」から徒歩10分
TEL 0776-22-1541
営業時間 8:30~19:00
定休日 日曜、祝日
URL http://www.jozan.co.jp
料金 「常山 純米超辛」720ml 1,374円
蔵が得意とする辛口の酒。もろみを完全発酵させた超辛口。すっきりとした飲み口ながら旨みもしっかりあり、辛口党におすすめ。
「常山 大吟醸 ドレス」180ml 972円
個性的なブルーのボトルで、うれしい飲みきりサイズ。山田錦を醸した大吟醸生酒で、きめ細やかな口当たりと華やかな香りが調和。
  • 常山酒造
  • 常山酒造

掲載情報は2015年3月13日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事

    今は設定しない