倉敷民藝館

クラシキミンゲイカン

民藝の魅力を伝える米倉のミュージアム

江戸時代後期の倉敷を代表する米倉を改装し、白壁と黒の貼り瓦の外観が美しい倉敷民藝館。館内には、日本を中心に世界の焼き物、染織物、ガラス、かごなどの民藝品が約800点陳列されている。ミュージアムショップでは、倉敷の酒津榎窯、倉敷堤窯、遊楽窯をはじめ愛媛、島根、北九州の民藝の窯の作品を販売。ほかにも倉敷ガラス、三宅松三郎商店のはなむしろ、備中和紙など暮らしを豊かにする日用品がそろう。特に人気なのがオリジナルの倉敷手まりで、ストラップやキーホルダーなどはおみやげにおすすめ。

住所 岡山県倉敷市中央1-4-11
アクセス 山陽本線「倉敷駅」から徒歩15分
TEL 086-422-1637
営業時間 3月~11月9:00~17:00
12月~2月9:00~16:15
※最終入館は各15分前まで
定休日 月曜(祝日の場合は開館)、12月29日~1月1日
URL http://kurashiki-mingeikan.com/
料金 一般700円、高校・大学生400円、小・中学生300円
  • 倉敷民藝館
  • 倉敷民藝館
  • 倉敷民藝館
  • 倉敷民藝館

掲載情報は2016年2月25日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない