垂水の滝

タルミノタキ

断崖から日本海に流れ落ちる迫力ある滝

輪島市と珠洲市の境にある落差約35mの滝。八世乃洞門トンネルのそばにあり、断崖から海に直接流れ落ちる滝は珍しいとされる。冬季に海から強い風が吹くと、強風にあおられた水が滝口に向かって吹き上がる光景が見られることから、別名「吹き上げの滝」とも呼ばれる。滝周辺の海岸は砂浜になっているため、のんびり散策をする人の姿も多い。勢いよく海に注ぐ滝と、海辺に打ち寄せる荒波、波に削られた岩礁という日本海ならではの景色を間近で眺めてみよう。

住所 石川県輪島市町野町曽々木
アクセス JR各線「金沢駅」から北鉄奥能登バス(輪島特急・所要約125分)「輪島駅前」乗り換え、「曽々木口」乗り換え、「垂水」下車、徒歩5分
※所要時間は土日ダイヤの最速時間(スーパー特急を除く)
営業時間 見学自由
定休日 無休
お問い合わせ先 輪島市観光課
TEL:0768-23-1146
  • 垂水の滝

掲載情報は2016年6月6日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事

    今は設定しない