志賀直哉旧居(おのみち文学の館)

シガナオヤキュウキョオノミチブンガクノヤカタ

おのみち文学の館の施設のひとつ。文豪・志賀直哉が大正元(1912)年から翌年にかけて暮らした棟割長屋で、『暗夜行路』の草稿を練ったとされる旧家だ。

住所 広島県尾道市東土堂町8-28
アクセス JR山陽本線「尾道駅」から徒歩10分
TEL 0848-23-6243
営業時間 9:00~17:00(閉館18:00、時期により異なる)
定休日 無休、12~翌2月は火曜(12月28日~翌1月3日休)
備考 (c)Shobunsha (アクセスはマイフェバ編集部が作成したものです)
  • 志賀直哉旧居(おのみち文学の館)
  • 志賀直哉旧居(おのみち文学の館)
  • 志賀直哉旧居(おのみち文学の館)
  • 志賀直哉旧居(おのみち文学の館)

掲載情報は2017年6月1日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない