大山祇神社

オオヤマヅミジンジャ

海と山の神が祀られる日本総鎮守

全国に10,000社以上ある山祇神社と三島神社の総本社といわれる、愛媛県内最古の神社。海の神や山の神として信仰があり、昔から多くの武将が祈願してきた。パワースポットとしても有名な樹齢約2600年の大楠が神木として鎮座するほか、本殿や拝殿などの重要文化財もあり、広い境内は神秘的な空気に包まれている。紫陽殿と国宝館の2棟を合わせて宝物館と呼び、ここには全国の国宝や重要文化財に指定されている武具、甲冑などのうち8割が保存展示され、日本一の武具館となっている。また、宝物館には海事博物館が併設されている。

住所 愛媛県今治市大三島町宮浦3327
アクセス JR各線「福山駅」乗り換え、高速バスしまなみライナー「福山駅前」から「大三島BS」下車、せとうちバスまたは瀬戸内海交通バス乗り換え「大山祇神社前」下車、徒歩1分
TEL 0897-82-0032
営業時間 日の出ごろ~17:00
※宝物館は8:30~17:00(最終入館16:30)
定休日 無休
  • 大山祇神社
  • 大山祇神社
  • 大山祇神社
  • 大山祇神社

掲載情報は2016年8月30日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事

    今は設定しない