松葉屋

マツバヤ

看板のない菓子店の美しい名品

もともとは材木商兼米屋でせんべいなどを作っていたというこちら。松葉屋として昭和初期に創業し卸を主流にしていたが、2代目が「ここにしかないお菓子を」と研究して生み出したのが大納言琥珀菓子の「天の川」だった。築70年の町家で看板を出さずに営むお店は、現在3代目が継いで味を守り、天の川と羊かんのみを製造している。数日かけて完成させる天の川は、透き通るような寒天の中に、丁寧に炊きあげた北海道産大納言小豆をたっぷり浮かべた上品な味わいのお菓子。売り切れる場合もあるので予約がベター。

住所 和歌山県新宮市船町2-6-2
アクセス きのくに線「新宮駅」から徒歩15分
TEL 0735-22-5435
営業時間 8:30~18:30
日曜、祝日8:30~15:00頃
定休日 不定休
料金 天の川1個90円 など
  • 松葉屋
  • 松葉屋
  • 松葉屋

掲載情報は2016年10月7日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • 南海堂
    和歌山県 和歌山
    13
    5

    市民に愛され続けるボリューム満点のパイ

  • 仲氷店
    和歌山県 和歌山
    5
    1

    カラフルな見た目とサラサラ食感のかき氷

おすすめ記事

    今は設定しない