南海堂

ナンカイドウ

市民に愛され続けるボリューム満点のパイ

1953(昭和28)年に創業し、和歌山・新宮で初めて洋菓子とパンを販売したお店。新宮市民で知らない人はいないというお菓子が「熊野UFOパイ」。生地の中にカステラ、リンゴ、レーズン、オレンジジャムなどがぎっしりと詰まったやわらかい食感のパイだ。サイズは4段階あるが、おすすめは中の具材の味が染みやすい大きめのもの。生菓子で人気なのがモカクリームのエクレアで、自慢のシュー生地で毎日違う種類が登場する日替わりシューもある。サンライズや食パンなど海洋酵母で作る素朴なパンもファンが多い。

住所 和歌山県新宮市大橋通3-2-1
アクセス きのくに線「新宮駅」から徒歩15分
TEL 0735-22-2920
営業時間 8:30~21:00
定休日 不定休
  • 南海堂
  • 南海堂
  • 南海堂
  • 南海堂

掲載情報は2016年10月7日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • 仲氷店
    和歌山県 和歌山
    5
    2

    カラフルな見た目とサラサラ食感のかき氷

  • 松葉屋
    和歌山県 和歌山
    23
    7

    看板のない菓子店の美しい名品

おすすめ記事

    今は設定しない