萩城跡 指月公園

ハギジョウアト シヅキコウエン

毛利三十六万石の面影を垣間見る史跡

1604(慶長9)年に毛利輝元が指月山麓に築城したことから、別名「指月城」とも呼ばれる。1874(明治7)年に天守閣や櫓などの建物が解体され、現在は石垣と堀の一部が昔の姿をとどめ、一帯が国の史跡に指定。天守閣跡など城跡の構造を残す旧本丸跡は「指月公園」として整備されている。

住所 山口県萩市堀内1-1
アクセス 山陰本線「萩駅」から萩循環まぁーるバス西回り「萩城跡・指月公園入口 北門屋敷入口」下車、徒歩5分
TEL 0838-25-1826
営業時間 8:00~18:30(季節により異なる)
定休日 無休
料金 大人210円、小・中学生100円
  • 萩城跡 指月公園
  • 萩城跡 指月公園

掲載情報は2019年5月29日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない