見附島

ミツケジマ

能登のシンボルとして知られる大迫力の奇岩

弘法大師が能登に布教に来た際に「見つけた」ことが名前の由来とされる無人島。高さ約28mもある大きな奇岩で、その形と迫力から「軍艦島」という別名を持つ。見付海岸からは踏み石が並べられているので、引き潮のときは歩いて近くまで渡ることも可能。「えんむすびーち」と呼ばれる浜辺には縁結びの鐘があり、恋人の聖地に。夜にはライトアップされ、昼とは違った雰囲気が味わえる。

住所 石川県珠洲市宝立町鵜飼
アクセス JR各線「金沢駅」から北鉄奥能登バス(珠洲特急・所要時間約158分)「珠洲鵜飼」下車、徒歩20分
※所要時間は土日ダイヤの最速時間
営業時間 散策自由
定休日 無休
料金 無料
お問い合わせ先 珠洲市観光交流課
TEL:0768-82-7776
  • 見附島
  • 見附島
  • 見附島
  • 見附島

掲載情報は2018年7月17日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない