宗像大社 中津宮

ムナカタタイシャ ナカツミヤ

辺津宮と対面する美しく神々しい場所

宗像本土より沖合約11㎞にある大島の宗像大社 中津宮は、島の南西岸に海を隔て辺津宮(へつみや)と向かい合う位置にあり、天照大神の三柱の御子神の一柱・湍津姫神(たぎつひめのかみ)が祀られている。境内にある牽牛社(けんぎゅうしゃ)・織女社(しゅくじょしゃ)の間には、天の川が流れており、七夕伝説の発祥の地といわれている。

住所 福岡県宗像市大島1811
アクセス 鹿児島本線「東郷駅」から西鉄バス「神湊波止場」下車、旅客船しおかぜまたはフェリーおおしま「神湊港」から「大島港」下船、徒歩5分
TEL 0940-72-2007
営業時間 6:00~17:00
定休日 無休
URL http://munakata-taisha.or.jp/index.html
  • 宗像大社 中津宮
  • 宗像大社 中津宮

掲載情報は2018年9月28日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • 大島観光バス
    福岡県 福岡
    6
    3

    世界遺産から絶景まで便利なバス旅はいかが

今は設定しない