御手洗天満宮

ミタライテンマングウ

“御手洗”の名の由来ともいわれている天満宮

1871(明治4)年から佇む天満宮。菅原道真公が大宰府に左遷された際、九州へ向かう途中に大崎下島へ立ち寄り、天満宮で手を洗ったことから「御手洗」の地名がついたとされている。境内には菅原道真公ゆかりの井戸があるほか、本殿の下には願いを込めながらくぐると願いがかなうといわれている「可能門」がある。

住所 広島県呉市豊町御手洗
アクセス 呉線「広駅」からさんようバス(とびしまライナー・所要約66分)または瀬戸内産交バス(沖友天満宮前行き・所要約90分)、「御手洗港」下車、徒歩3分
営業時間 境内自由
定休日 無休
料金 境内自由
お問い合わせ先 豊町観光協会
TEL:0823-67-2278
  • 御手洗天満宮
  • 御手洗天満宮
  • 御手洗天満宮

掲載情報は2019年11月7日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • 若胡子屋跡
    広島県 呉・江田島・とびしま
    1
    2

    花街としての御手洗の栄華をしのばせるお茶屋の跡。広島藩公認の茶屋として…

  • 潮待ち館
    広島県 呉・江田島・とびしま
    9
    0

    御手洗みやげが何でもそろう一軒

  • 豊町観光協会(御手洗休憩所)
    広島県 呉・江田島・とびしま
    2
    3

    散策マップが手に入り、スタッフが町歩きのポイントを教えてくれる観光案内…

  • 御手洗町並み保存地区
    広島県 呉・江田島・とびしま
    5
    2

    御手洗は江戸時代、北前船や幕府の交易船の寄港地として栄えた要衝で、風待…

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない