醉心山根本店

スイシンヤマネホンテン

巨匠・横山大観も愛した銘酒を造る蔵元

万葉集の中で「吉備の酒」として詠まれるなど、古くから銘酒の産地として知られる三原に残る唯一の蔵元。1860(万延元)年の創業で、当初はいくつかの銘柄を有していたが、明治時代半ばに当主の夢枕に現れた老仙の命により、銘柄を「醉心」に統一した。鷹の巣山山麓の井戸水(軟水)で仕込む酒は口当たりまろやかで、日本画の巨匠・横山大観に「醉心のお酒は一つの芸術だ」と言わしめたほど。お酒の試飲ができ、予約があれば酒造見学も可能だ。

住所 広島県三原市東町1-5-58
アクセス JR各線「三原駅」から徒歩10分
TEL 0848-62-3251
営業時間 9:30~16:30
定休日 土・日・祝
URL http://www.suishinsake.co.jp/
料金 醉心 軟水の辛口 純米酒720ml 1,050(税別)円、醉心米極 純米酒720ml 1,150(税別)円 など
備考 ※2020年12月現在、酒造見学は休止中
  • 醉心山根本店
  • 醉心山根本店
  • 醉心山根本店

掲載情報は2020年12月7日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない